「トラベラーズノート」好みに応じてカスタマイズし、自分だけのノートづくりが楽しめる

文=出雲義和
【この記事のキーワード】
「トラベラーズノート」好みに応じてカスタマイズし、自分だけのノートづくりが楽しめるの画像1

愛されて14年、自分を表現するオトナのトラベラーズノート

トラベラーズノートって?

 「トラベラーズノート」は発売からすでに14年を数え、機能性と実用性が揃ったノートとして幅広いユーザーから支持を集めています、旅行では頼りになる相棒として、またビジネスシーンでも活用するユーザーが増えている、そんなトラベラーズノートの魅力を紹介します。

トラベラーズノートの特徴

「トラベラーズノート」好みに応じてカスタマイズし、自分だけのノートづくりが楽しめるの画像2

スターターキットではじめるトラベラーズノート

 1番の特徴は1枚革を二つ折りにしたカバーに錫製のパーツにゴムをつけただけの、いたってシンプルなノートシステムです。

 はじめての購入には、牛革製のカバー本体と無地のノートリフィル、スペアのゴムバンド、そして布製のコットンケースをセットにしたスターターキットが用意されて買ったその日からトラベラーズノートの世界へ入っていく事ができます。

「トラベラーズノート」好みに応じてカスタマイズし、自分だけのノートづくりが楽しめるの画像3

チケットや資料にジャストサイズ

 現在、印刷物や資料などはA4サイズを基本にしたものが多くあります、トラベラーズノートレギュラーサイズはA4サイズを3折りにした用紙をしっかりまとめることができるサイズです。

 旅先の観光案内所で入手できる現地の資料やマップ、さらに家庭用のプリンターで出力した航空券や高速バスのチケットなど、旅行に際して必要なものをひとつにまとめに、革カバーに付いているゴムバンドが挟んだ物をしっかりガードして抜け落ちる心配もありません。

カスタマイズの魅力

「トラベラーズノート」好みに応じてカスタマイズし、自分だけのノートづくりが楽しめるの画像4

豊富なノートリフィル

「トラベラーズノート」好みに応じてカスタマイズし、自分だけのノートづくりが楽しめるの画像5

複数のノートと一緒に持ち歩ける収納力

 ノートタイプのリフィルにはオーソドックスな無地、横罫、セクション(方眼罫)をはじめ13種類のノートリフィルが、さらにペンホルダーやジッパーケースなどのオプションを加える全部で30種類のリフィルが揃い、自由な組み合わせで中身のカスタマイズが楽しめます。

 オプションの連結バンドを使用すれば種類も異なるノートリフィルを3冊同時に挟み込んで持ち歩くことができます。

 旅行の場合、無地のノートは絵を描いたりスタンプノートとして、横罫なら旅の記録を記すログ、セクションは旅程の時間表などに。ノートの複冊数同時携帯も可能です。

 さらに、日記リフィルや水彩画用、ドット方眼など新しいノートリフィルの登場で選択の幅はますます広がっています。

 旅行中はなにかと荷物が増えるものですが、ベテランの旅人ほど魔法がつかえるんじゃないかと思わせるほど荷物が少ないもの。トラベラーズノートはそんな魔法アイテムとして活躍してくれます。

 かさばる荷物のひとつにあげられる財布、日常生活でよく使うポイントカードの類いも旅行中に必要なものは限られています。ノートリフィルのジッパーケースを活用すれば紙幣を入れて簡易の財布として組み込と、またひとつ荷物から解放されます。

 中の現金が見えてしまうのは不安という方には、黒い紙をリフィルのサイズに合わせて切って入れておくと外から見られる心配はなくなります。

 また、名刺ファイルを利用すれば必要と思われる運転免許証やクレジットカードの類いを最大12枚までを、トラベラーズノートの中に組み込んでしまうことも可能です。

「トラベラーズノート」好みに応じてカスタマイズし、自分だけのノートづくりが楽しめるの画像6

ペンと一緒に携帯する

 オプションの中にはノートリフィルだけでなく、トラベラーズノートのコンセプトにマッチしたアイテムが揃っています。革カバーに金属クリップで固定するペンホルダーはスターターキットと一緒に欲しいアイテムのひとつです。

 サイズはSとMの2タイプ、Sは筆記具のクリップ部分を革製ホルダーに通して使い、Mは直径12mmまでの筆記具をそのままホルダーに通して使用します。

 ペンホルダーのクリップは革カバー挟んで取り付けるだけなので、必要に応じて付け外しができるのも便利です。

「トラベラーズノート」好みに応じてカスタマイズし、自分だけのノートづくりが楽しめるの画像7

ブラスペンはトラベラーズノートのコンセプトによく似合います

 旅行中や外出先でなにかメモをするときに、ノートとペンを一緒に持ち歩くことには数え切れないメリットがあります。デザインフィルから販売しているブラス万年筆&ローラーボールは、手の中に収まるコンパクトな形状ですがキャップを外して反対側に挿すことで筆記の際には書きやすいサイズになります。

トラベラーズノート本体をカスタマイズする

「トラベラーズノート」好みに応じてカスタマイズし、自分だけのノートづくりが楽しめるの画像8

チャームを加えて自分自身を演出する

「トラベラーズノート」好みに応じてカスタマイズし、自分だけのノートづくりが楽しめるの画像9

自分で描くこともOK

 市販されているチャームやアクセサリー類を革カバーにワンポイントを加えてみるのもトラベラーズノートユーザーの楽しみ方のひとつです、絵心のある人ならイラストを描いたり、また、なにも加えずそのままで使うことも自分自身を表現する手段になります。

「トラベラーズノート」好みに応じてカスタマイズし、自分だけのノートづくりが楽しめるの画像10

ノートリフィルも自分らしく

「トラベラーズノート」好みに応じてカスタマイズし、自分だけのノートづくりが楽しめるの画像11

ノートを手軽にカスタマイズできるステッカー

 ノートリフィルの表紙は飾り気がなく、やや地味にも見えますがこの化粧気のない表紙こそが無限のキャンバスとして自由にノートをカスタマイズする事ができて、使う人の個性を表現するための仕様です、ステッカーでワンポイントを加えることから包装紙などで全体を覆う演出はノートの中身とリンクさせたり、季節感を表現することにひと役買ってくれます。

「トラベラーズノート」好みに応じてカスタマイズし、自分だけのノートづくりが楽しめるの画像12

ノートリフィルの活用でビジネスユースにも対応

 トラベラーズノートの名前が示すとおり、旅行において大活躍してくれるこのノートもオプションのダイアリーノートリフィルを使ってビジネスに使うユーザーも増えています。

 年度版ダイアリーは日付入り、月間フリーと週間フリー(バーチカルとメモの2種類)のノートリフィルには日付が印刷されていません、いつ購入してもその日からスケジュール管理ができるリフィルは、自分の仕事のスタイルにあわせて管理できる点がビジネスパーソンにも受けています。

「トラベラーズノート」好みに応じてカスタマイズし、自分だけのノートづくりが楽しめるの画像13

新旧比較左が10年目、右は1年目のトラベラーズノート

 カスタマイズの魅力は他人とは異なる自分自身の分身と呼べるトラベラーズノートを作り上げる点にもあります、そんなユーザーにとって1番のカスタマイズは革カバーの経年変化を楽しむ事です。

 購入したばかりの新しいトラベラーズノートの質感が段々と自分の手に馴染んでいく、その過程こそがノートを育てる醍醐味といえます。

 長く使用していれば、旅行中にキズをつけてしまうこともあるでしょう、そのキズひとつすら愛おしくなる、そんな魅力がこのトラベラーズノートにあります。

あなただけのトラベラーズノートを

「トラベラーズノート」好みに応じてカスタマイズし、自分だけのノートづくりが楽しめるの画像14

想像力の数だけ可能性が広がるノートブック

 デザインフィルが提供するたくさんのノートリフィルや市販されているアクセサリーを自由に組み合わせることで、旅はさらに奥深くなり、日々の暮らしやビジネスシーンなどの日常を非日常に変えてしまう魅力があります。

 トラベラーズノートはあなたのアイデアとセンス、そして想像力の数だけ無限に広がる可能性を秘めたノートブックです。

 まずはスターターキットから、トラベラーズノートライフを楽しんでください。

「トラベラーズノート」好みに応じてカスタマイズし、自分だけのノートづくりが楽しめるの画像15トラベラーズノートスターターキット
カラー 黒・茶・キャメル・ブルー
価格 4400円(税込)

「「トラベラーズノート」好みに応じてカスタマイズし、自分だけのノートづくりが楽しめる」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。