ROCK IN JAPAN フェス中止決定。フジロック、サマソニは?

文=wezzy編集部
【この記事のキーワード】
ROCK IN JAPAN フェス中止決定。フジロック、サマソニは?の画像1

ROCK IN JAPAN FESTIVAL公式ホームページより

 8月8日〜10日に茨城県ひたちなか市での開催が予定されていた野外フェスROCK IN JAPAN FESTIVALが新型コロナ感染症の影響で中止となった。

 ROCK IN JAPAN FESTIVALの事務局は公式ホームページに開催中止の知らせを掲示。

<この不安な非日常の先にある3日間は、私たちの日常を取り戻すためのポジティブなエネルギーに満ちた祝祭になるはずでした。それを実現できなかったことを、とても悔しく、残念に思います>
<新型コロナウイルスの感染拡大が一日も早く収束し、来年こそひたちなかでお会いできることを願っています>

海外アーティスト中心のフジ、サマソニは?

 今年の夏フェスはもともと、東京オリンピックの影響により例年とは異なるスケジュールが予定されていた。

 毎年7月最終週の金・土・日に行われているFUJI ROCK FESTIVALは、8月21日〜23日に。毎年8月に行われていたSUMMERSONICはSUPERSONICと名前を変え、9月19日〜21日(21日は東京会場のみ)の開催を予定している。

 これらの野外ロックフェスはどうなるのか。5月15日現在、開催の延期や中止に関するアナウンスはないが、世界中に新型コロナウイルスが蔓延してしまった現状では、厳しい決断を迫られるかもしれない。

 というのも、これらのフェスはヘッドライナーを来日アーティストが務める予定で、FUJI ROCK FESTIVALにはテーム・インパラやザ・ストロークスが、SUPERSONICにはThe 1975やポスト・マローンがブッキングされている。

 海外では大型フェスの中止が相次いでおり、グラストンベリー・フェスティバルやレディング&リーズ・フェスティバルといった老舗フェスも中止が決まった。こういった状況では海外アーティストの来日も難しいだろう。

 しかも今年だけに限らず、来年までコロナ禍は続くかもしれない。4月13日付のニュースサイト「NME Japan」記事によれば、「ニューヨーク・タイムズ」が主催したビデオ討論会で、医学博士のジーキ・エマニュエル氏が、コンサートなどのイベントが再び安全に開催できるようになるのは「最速でも2021年秋」との見立てを示したという。

 来年の夏フェスもお預けになってしまうのだろうか。そう遠くない未来、太陽の下で音楽を楽しむことができる日が来ることを切に願う。

「ROCK IN JAPAN フェス中止決定。フジロック、サマソニは?」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。