ワンオクTakaが親父・森進一を語る「家でもテレビの人、有名な人だと」

文=中崎亜衣
【この記事のキーワード】
ワンオクTakaが親父・森進一を語る「家でもテレビの人、有名な人だと」の画像1

TakaのInstagramより

 5月3から毎週日曜日に配信されている宇多田ヒカルのインスタライブ『自宅隔離中のヒカルパイセンに聞け!』。17日は、ONE OK ROCK・ボーカルのTakaがリモートでゲスト出演した。

 宇多田の母は2013年に亡くなった歌手の藤圭子であり、Takaは歌手・森進一と歌手・森昌子の長男だ。大物歌手の2世で自身も歌手として活躍しているという共通点のある2人だが、意外にも“出会い”は2020年に入ってからだという。

 今年、レコーディングでイギリスのスタジオを使うことになったTakaが、ラッパーのKOHHを経由して、ロンドン在住の宇多田に連絡。宇多田は焼酎や蕎麦を土産に、ロンドンから2時間ほどかかるスタジオまで訪ねて行ったそうだ。レコーディングでは、Takaの発音をフランスのプロデューサーが直そうとし、宇多田が「直さなくていい!」とアドバイスをする場面もあったといい、Takaは“本気モード”の宇多田にびっくりしたそう。

 音楽という共通項で宇多田とTakaはあっという間に打ち解けたようだ。インスタライブでは終始、音楽や家族についてラフな会話が交わされた。カラオケに行く約束もしているといい、宇多田が『リトルマーメイド』の劇中歌を披露する場面もあった。

 後半、宇多田はTakaに<実際に自分が有名な歌手になって、親に対する見方変わりましたか?>と質問。Takaは、子ども時代に父・森進一に対して抱いていた感情は<一般の家庭とは違うんじゃないか>と明かし、次のように語った。

<うちの両親は小さい頃から「テレビの中の人」で、特にお父さんに関しては、小さい時から普通の一般家庭が思う「お父さん」っていう感覚ではなかったんじゃないかと、最近思う。自分の抱いていた、子どもの頃、親父に思っていた感情は、実は一般家庭からすると、ちょっと違うんじゃないかなっていう。どっかで多分「テレビの人」「歌手」「有名な人」っていう目線があったのかなって。だから「家でも森進一」みたいな>

<親父はたぶん普通にしていたんだと思うんだけど、うちの中ですごく懸命にいろんなことにトライしたり、家族を愛してくれてたんだと思うけど、自分が結婚して子どもができた時に、そういうふうに見られるのかな? という思いはあって、なるべく一般の感じに持っていけたらいいな>

 一方で、教育に厳しかったという両親に、Takaは感謝もしているようだ。

<そのおかげもあってまだマシな人生を。踏み外したこともあったけど軌道修正できたのはそのおかげかなとも思うし。ほんと手の付けられないやんちゃ坊主だったんで、迷惑もいっぱいかけました。でも今こうやって両親からもらったもので、自分の好きな音楽をさらにうまく表現できたのかなと思うと、感謝の気持ちでいっぱいだけどね>

 Takaの答えに宇多田は、良かったところも良くなかったところも含めて、<学ばせてもらえる>のではないか、と呼応していた。

<自分がいろんなこと親から学べるし、こういうふうにしてもらえて良かったから自分が親になってもそういう風にしようって思う面と、こういうのちょっと寂しかったな、こういうことはちょっとしんどかったな、もうちょっとこうしてほしかったなっていうのは、子どもとして憶えていて、それも参考に、外から学ばしてもらえるじゃん>

 宇多田は現在4歳の長男を育てるシングルマザー。宇多田自身は幼少期、普段の母とステージに立つ母が乖離していて「別キャラ」に見えたという。一方、宇多田の長男は「最近まで人類みんながシンガーソングライターだと思っていた」そうで、「キャラの乖離」はないのではないかと分析した。

 2013年に母が亡くなった際、宇多田は幼い頃から母の精神の病が進行していくのを見てきたことを綴ったコメントを発表。母娘関係についてあれこれと推察する報道もあった。しかし、当の宇多田ヒカル自身は、良きにつけ悪しきにつけ母から学んだことを、現在の子育てに活かしているのかもしれない。

「ワンオクTakaが親父・森進一を語る「家でもテレビの人、有名な人だと」」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。