黒川弘務元検事長の処分は大甘!? アンガ田中が激怒「蛭子さんがやるのと違うんですから!」

文=wezzy編集部
【この記事のキーワード】
黒川弘務元検事長の処分は大甘!? アンガ田中が激怒「蛭子さんがやるのと違うんですから!」の画像1

蛭子能収Twitterアカウントより

 緊急事態宣言中に新聞記者と賭けマージャンをしていたと「週刊文春」(文藝春秋)に報じられて辞職した黒川弘務元検事長の甘い処分に批判が起きている。

 黒川氏は5月21日付で検事総長による訓告を受けたが、これは懲戒処分よりも軽いもので、退職金も支払われる方針だという。退職金の額は6000万円〜8000万円だと報じられているが、これが満額支給されることに国民が疑問をもつのは当然だろう。

 22日の衆議院法務委員会で「なぜ懲戒処分ではなく訓告なのか」と問われた森雅子法務大臣は「前例の事案やレート、本人の態度を総合的に考慮し処分した」と答弁した。しかし、金額の多寡によって処分が変わるとする考えには疑問をもつ専門家もおり、八代英輝弁護士は22日放送『ひるおび!』(TBS系)で<裁判所の認識では1円でも金銭を賭けたら、一時の娯楽に興するものとは言えませんから、賭博罪の対象になると考えています>と発言し、現在の処分への違和感を示した。

アンガールズ田中が激怒「退職金も納得がいかない」

 過去に賭けマージャンで逮捕された有名人といえば、1998年に新宿歌舞伎町の雀荘で賭けマージャンをしていたところを現行犯逮捕された蛭子能収がいる。この件で蛭子は10万円の罰金刑となり、4カ月間芸能活動を自粛した。

 22日放送『バイキング』(フジテレビ系)に出演したアンガールズ田中卓志は、蛭子を引き合いに出し、黒川氏の甘い処分に対して<単純に退職金が払われるのも納得がいかない。蛭子さんがやるのと違うんですから! ほんとに!>と怒りをぶつけていた。

 同じように黒川氏の件で蛭子の逮捕を連想したユーザーが、蛭子のTwitterアカウントに黒川氏の件についての意見をたずねている。

 蛭子はそうしたリプライに応じていないものの、フォロワーから寄せられた賭けマージャンに関する以下のようなツイートに、「いいね」をつけていた。

<蛭子能収さん、自身が逮捕されたのに黒川氏は、今のところ辞任だけらしいですが、どの様に思いますか?>
<えびっさん!黒川検事長マージャン賭博してんのに、逮捕されないの? 怒れ!えびちゃん!>
<蛭子さんは賭け麻雀で逮捕されたのに、なんで黒川検事長は逮捕されないんですか?>

 今後この事件は、黒川氏が刑事罰に問われるのかどうか、また安倍首相や森法相はどう責任をとるのかが争点となるだろう。いずれにしても、口頭決裁で法解釈を変更して定年延長を決めたという異常な事例を、賭けマージャンをきっかけとした辞任で有耶無耶にしてはならない。本質を見据えた議論が必要だ。

あなたにオススメ

「黒川弘務元検事長の処分は大甘!? アンガ田中が激怒「蛭子さんがやるのと違うんですから!」」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。