Hey! Say! JUMP山田涼介との交際で誹謗中傷、宮田聡子が「死を意識した」と告白 ファンの暴力止まず

文=wezzy編集部
【この記事のキーワード】
Hey! Say! JUMP山田涼介との交際で誹謗中傷、宮田聡子が「死を意識した」と告白 ファンの暴力止まずの画像1

宮田聡子Instagramより

 『テラスハウス」に出演していた女子プロレスラーの木村花さんが亡くなり、これまで一般ネットユーザーから理不尽に叩かれても口をつぐんできた芸能人たちが声を上げ始めている。かつてHey! Say! JUMP山田涼介との熱愛報道でファンにバッシングされたモデルの宮田聡子は、Instagramに当時の苦しみを綴った。

 宮田聡子は2018年に週刊誌で山田涼介との交際が報じられ、「SNSでも交際を匂わせている」とみなした山田のファンから執拗なバッシングを受けてきた。昨年1月に破局を報じられたことでアンチは減ったものの、Twitterのリプライ欄をさかのぼれば「ゴミくずモデル」「あなたを見ると目が腐ります」などといった罵詈雑言や、包丁の絵文字が残っている。なお週刊誌によると破局の原因は、山田ファンによる宮田へのバッシングだったそうだ。

山田涼介と破局報道の宮田聡子に「破局おめでとう」「責任転嫁するな」の声

 2019年1月29日号の「週刊女性」(主婦と生活社)は、かねてから交際が噂されていたHey!Say!JUMP(以下、平成ジャンプ)の山田涼介とモデルの…

Hey! Say! JUMP山田涼介との交際で誹謗中傷、宮田聡子が「死を意識した」と告白 ファンの暴力止まずの画像1
Hey! Say! JUMP山田涼介との交際で誹謗中傷、宮田聡子が「死を意識した」と告白 ファンの暴力止まずの画像2 ウェジー 2019.01.16

 SNSでまるでサンドバッグのように誹謗中傷を受け続けた宮田。今回、Instagramに当時の心境を長文で綴った。

<「偶然が重なった」と言ったら言い訳になるかもしれませんが、人を傷つけてマウントとるつもりなんて1ミリもありません。それでも受け取る側の気持ちを傷つけてしまったことを心よりお詫びいたします。本当に本当に申し訳ございませんでした>
<ただ、経験した身として、経験しないとわからなかった気持ちについて少しでもわかっていただけたらと思ったので書かせてください>
<SNS上で、いろいろな意見をいただきました。お前のせいとかブスとかお前さえいなければとか>
<どんなに普段元気でも、沢山のそんな言葉にどんどん私は死んだほうがいいんじゃないかとか、不要な人間なんだとか刻み込まれてしまいました>
<何個も辛いことが重なり、お酒に逃げて、一人で泣いて叫んで、潰れて、朝起きたら、包丁と殴り書きした遺書のようなものがありました>
<もう逃げよう。と思って1年間ガラケーにしました。SNSから逃げました>
<頑張るとか、気にするなとか無理です。そんな人はもう十分すぎるほど頑張っている。とにかく自分を大切にして逃げてください>

 文面から、彼女がどれほど苦しめられていたかが伝わる。ところが、この投稿を見てもなお、一部の山田涼介ファンは「被害者ヅラするな」と中傷。ネット上では「自業自得じゃんww」「お前のせいでファンの方が傷ついた」「アイドルと付き合うならそれくらい覚悟しろよバカ」などといったバッシングが飛びかっている。宮田は上記のInstagram投稿を削除した。

 見ず知らずの相手に暴言を投げつける行為の正当性などないにもかかわらず、バッシングに走る一部のネットユーザーたちは自らの非を認めようとしない。「叩かれるような行動をしたタレントが悪いのだ」と言わんばかりだ。もはや正気を失っているのではないか。

「Hey! Say! JUMP山田涼介との交際で誹謗中傷、宮田聡子が「死を意識した」と告白 ファンの暴力止まず」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。