きゃりーぱみゅぱみゅに「被害者ヅラ」 誹謗中傷と批判の区別も失ったネット社会の現実

文=wezzy編集部
【この記事のキーワード】
きゃりーぱみゅぱみゅに「被害者ヅラ」 誹謗中傷と批判の区別も失ったネット社会の現実の画像1

きゃりーぱみゅぱみゅinstagramより

 5月23日に『テラスハウスTOKYO2019-2020』(Netflix)出演者の女子プロレスラー・木村花さんが急死したことをきっかけとして、SNS上では著名人に対する誹謗中傷問題が議論となっている。

 木村花さんは『テラスハウス』での言動をめぐって1カ月以上ネットリンチのような状況にあったという。炎上した著名人に匿名のアカウントから暴言が押し寄せる状況は以前から世界中で問題となっており、韓国では元KARAのク・ハラや、元f(x)のソルリらがネット上での悪質な書き込みが原因で心を病み命を絶っていた。

ク・ハラの死と、指先で人を追い詰めるネットバッシング。「ソルリ法」議論の矢先に

 11月24日、「KARA」元メンバーのク・ハラがソウル市内の自宅で亡くなっているのが見つかった。日韓両国のファンに悲しみが広がっている。先月には、ク・…

きゃりーぱみゅぱみゅに「被害者ヅラ」 誹謗中傷と批判の区別も失ったネット社会の現実の画像1
きゃりーぱみゅぱみゅに「被害者ヅラ」 誹謗中傷と批判の区別も失ったネット社会の現実の画像2 ウェジー 2019.11.25

 複数のタレントがこの問題に言及する中で、アーティストのきゃりーぱみゅぱみゅは、自身がSNS上で受けた体験を踏まえつつTwitterにこのような文章を投稿した。

<誹謗中傷を気にするななんて難しいよ。芸能人だって1人の人間だよ忘れないで>

 きゃりーぱみゅぱみゅも日々そのような暴言や誹謗中傷を浴びせられてきた一人だ。だが、このツイートに対し、的外れなリプライが大量に寄せられている。

<きゃりーさんも安倍総理と黒川氏を誹謗中傷しましたよね?>
<なんか芸能人ってなに様なんだろう…自分達が政治家なりを憶測で誹謗中傷しておいて、自分らが批判されると攻撃されたと被害者ヅラ>
<ここ数年で一番誹謗中傷を受けている人は安倍さんです>
<有名税。政治的ツイートはおやめください>

 過日、多くの著名人が声を上げた「#検察庁法改正案に抗議します」に、きゃりーぱみゅぱみゅが賛同していたことを「安倍晋三首相や黒川弘務前東京高検検事長への誹謗中傷」だとみなしているようだ。

きゃりーぱみゅぱみゅ「#検察庁法改正案に抗議します」ツイートを削除 芸能人の政治的発言はタブーか

 検察庁法改正案への異議を、著名人を含む多くの人々が唱え、大きなムーブメントを起こしている。5月9日夜からTwitter上で「#検察庁法改正案に抗議しま…

きゃりーぱみゅぱみゅに「被害者ヅラ」 誹謗中傷と批判の区別も失ったネット社会の現実の画像3
きゃりーぱみゅぱみゅに「被害者ヅラ」 誹謗中傷と批判の区別も失ったネット社会の現実の画像2 ウェジー 2020.05.11

 しかしきゃりーぱみゅぱみゅの投稿には安倍首相への個人攻撃は含まれておらず、政権運営への異議を発することと誹謗中傷とは全く別の話だ。木村花さんの事件を利用し、権力者への批判を封殺しようとする話のすり替えでしかない。

 映画評論家の町山智浩氏も、こうした動きに対しTwitter上で<総理大臣を批判することは国民の権利であり、政治を監視することは有権者の義務です。一介のタレントであるきゃりーぱみゅぱみゅさんに対してあなたたちが今、していることこそが誹謗中傷です>と反論している。

 SNSを始めとしたネット上における言論はあまりに野放図で、人々は「誰かをいじめていい理由」を常に探している。「悪いことをした奴」は「クズ」で、「どれだけ叩いても良い対象」に成り下がる。テレビで問題発言をした芸人、プライベートの素行が悪いと報じられた女優、逮捕された見知らぬ誰か。批判と中傷の違いもわからず、多くは人格攻撃ばかりをする。

 少なくともこれが世界規模で私たちが直面している現実だ。誹謗中傷を書き込んだユーザーを特定し法で裁くやり方は、被害者側の負担も非常に大きい。どのような対策を講じれば、インターネットの適切な利用法が守られるのか、誰も正解を知らない。ただ、良心や常識に委ねていてもこの問題は解決しないだろう。

あなたにオススメ

「きゃりーぱみゅぱみゅに「被害者ヅラ」 誹謗中傷と批判の区別も失ったネット社会の現実」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。