メンタリストDaiGo「誹謗中傷に鉄槌を」「地獄を見せてやる」アンチや記者への訴訟開始を宣言

文=千葉佳代
【この記事のキーワード】

 23日、女子プロレスラーの木村花さんが22歳の若さでこの世を去った。『テラスハウス』への出演から木村さんをネット上でバッシングする番組視聴者が少なからずおり、彼女自身、Instagramなどに誹謗中傷を受けて傷ついていることを綴っていた。

 この事件の翌日、メンタリストDaiGoはこんなツイートをしている。

『とりあえず、試しにYouTubeとかで、自分に対する誹謗中傷を検索して、訴訟してみるテスト開始。待ってろよアンチ共。軍資金は、十分にある』

 DaiGoは「魚拓(誹謗中傷の証拠)は何年も前から取ってある」と言い、「さあ、誹謗中傷に泣き寝入りする時代は終わった。アンチ達よ、地獄を見せてやるよ」という宣言通り、24日にYouTubeライブ(生放送)で訴訟とその相手について語った。

 DaiGoは木村花さんの事件が起こるずっと前からアンチの誹謗中傷コメントに対して、訴訟の準備をしてきたという。しかし、コロナの影響で裁判所の手続きが止まっていたそうだ。すでに訴状も作成しており、書類も受理されている。相手は個人のケースもあるが、組織を相手取ってのケースもあり、「週刊誌の記者」、「でたらめなことを書いているネット記事(の掲載サイト)の運営者」、「アンチコメントを書き続ける一般人」などだ。

 相手がYouTuberだったら、チャンネルの閉鎖まで追い込むという。だが、いま名前を出してしまうと「DaiGoに訴えられた!」と宣伝して儲けられてしまうため、秘密裏にことを進める。YouTubeの売上金は2カ月後に振り込まれるそうで、「訴訟して勝っても2カ月前の収入は奴らに入ってしまうんですよ」ということを気にしているらしい。

「誰をやるかは言いません。戦いの基本は不意打ちなので。訴訟して、勝利して、相手の社会的な立場がつぶれたときには皆さんに分かるというだけですね」

 また、「批判と誹謗中傷の線の引き方はどうするんですか?」という質問に対しては、「これ完全に寝ぼけてますね」と一刀両断。

「この法治国家の中で人を裁いていいのは法律だけです。どっから罪になるのか、どのくらいの罪になるのかは裁判所に聞けばわかります。皆さんも迷ったらとりあえず訴えればいいですよ。そうすれば裁判所が判断してくれるんで」

「訴訟ってのは国が、法律が認めている公式の喧嘩ですからね」

 タレントはイメージが大事な職業だ。訴訟をしているとなると、テレビCMや番組のスポンサーから敬遠されるので、タレントが精神的苦痛を負っていても事務所は訴訟を避けがちだ。その結果、当該タレント本人だけでなく大事な家族、子供がいじめに遭ったり、悲しい思いをしているとDaiGoは言う。しかし、DaiGoはタレントではない。「僕はCMに出る側ではなく発注する側」、失うものはないので徹底的にやると話した。

 それだけDaiGoが闘志を燃やす理由は、昔、母親に先端医療を受けさせることができず、守れなかったことが原因だという。大事な人をもう失いたくない。大事な人を守るためだけに僕は戦う、とDaiGoは宣言した。

「メンタリストDaiGo「誹謗中傷に鉄槌を」「地獄を見せてやる」アンチや記者への訴訟開始を宣言」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。