竹内涼真の最悪な二面性を暴露 元恋人の所属事務所は怒り心頭か

文=wezzy編集部
【この記事のキーワード】
竹内涼真の最悪な二面性を暴露 元恋人の所属事務所は怒り心頭かの画像1

竹内涼真Instagramより

 爽やか俳優・竹内涼真の意外な二面性が、最悪の形で暴露されてしまった。29日発売の「FRIDAY」(講談社)が報じたところによれば、竹内はこの4月まで交際・同棲していた女優・吉谷彩子とひどい別れ方をしたようだ。

 同誌は竹内と女優の三吉彩花のツーショット写真を複数枚掲載。現在、竹内の自宅マンションで二人は半同棲中だという(もっとも、双方の所属事務所は「ただの友人」と濁しているが)。それだけならば何の問題もない熱愛記事だが、竹内は吉谷との交際中から浮気を繰り返した挙句、三吉を新しい「彼女」だと家族に紹介して“乗り換え”。おまけに吉谷に借りた100万円を踏み倒そうとしていたという。

 ドラマ『陸王』(TBS系)で共演した竹内と吉谷は約3年にわたり交際。お互いの両親へも挨拶していたが、今年4月に破局。同誌によれば、竹内が一方的に吉谷に別れを告げ、自宅マンションから彼女を追い出したという。しかし今年の4月は例年とは違い世界中が異様な空気に包まれていた。新型コロナウイルス感染拡大で緊急事態宣言が発令される中、同棲していた部屋から追い出すというのは、事実だとすればあまりに非情。

 また、金銭面のルーズさも衝撃的だ。吉谷との同棲生活では、彼女が生活費などを100万円近く立て替えていたが、竹内は破局に際してこの金を返済しようともせず、双方のマネージャーが話し合う事態になったそうだ。竹内はホリプロ、吉谷は小栗旬や綾野剛を擁するトライストーン・エンタテイメント所属である。

 2013年にデビューした竹内は、NHK朝ドラ『ひよっこ』、連続ドラマ『下町ロケット』シリーズ(TBS系)、『過保護のカホコ』(日本テレビ系)、『陸王』(TBS系)などに出演し、幅広い世代のファンを獲得してブレイクした。好青年イメージも強く、好感度の高い若手役者だ。「国民の彼氏」とまで呼ばれたほどである。今年1月クールの主演ドラマ『テセウスの船』もヒットした。

 順風満帆だった竹内だが、プライベートでの意外な一面が露呈したことは、少なからず仕事にも影響を及ぼすだろう。ホリプロは吉谷とのトラブルについて「金銭トラブルが生じていたという事実はありません」と否定しているものの、これほどまでに詳しく書かれている以上、身近な人間からのリークがあったと見られる。少なくともトライストーン側は怒り心頭だろう。また、新恋人・三吉の所属するアミューズも、この交際を阻止すべく動くかもしれない。

あなたにオススメ

「竹内涼真の最悪な二面性を暴露 元恋人の所属事務所は怒り心頭か」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。