竹内涼真と三吉彩花カップルを盛大に祝福した『スッキリ』に激しい違和感

文=中崎亜衣
【この記事のキーワード】
竹内涼真と三吉彩花カップルを盛大に祝福した『スッキリ』に激しい違和感の画像1

『スッキリ』公式サイトより

 俳優・竹内涼真と女優・三吉彩花の熱愛について6月1日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)が報じたが、そこには妙な違和感があった。

 『スッキリ』に出演した芸能リポーターの井上公造氏によれば、竹内涼真は<4月の時点で吉谷彩子さんと破局して、その後に今は三吉彩花さんとお付き合いしているというような形の報道>があった。井上氏は、三吉がファッション雑誌「SEVENTEEN」(集英社)の専属モデル出身でInstagramのフォロワー数が多く、中国でも人気が高いことや、歴代の「SEVENTEEN」モデルたちが活躍していることなどの情報を紹介。

 また、竹内の父親が三吉の大ファンであることにも番組では注目した。かつて三吉がサブMCを務めていた『メレンゲの気持ち』(日本テレビ系)にゲスト出演した竹内が、父親が三吉の大ファンだと明かしていたのだという。竹内よりも知名度は低いであろう三吉のプロフィールパネルを用意するなど、番組は爽やかカップルの熱愛を祝福するムードだった。

 しかし、竹内と三吉の交際を最初に報じた5月29日発売の「フライデー」(講談社)を読めば、竹内の爽やかなイメージにも影がさす。新型コロナウイルスにより緊急事態宣言が発令中の今年4月、竹内は約3年間交際していた女優・吉谷彩子に一方的に別れを告げ、あげく同棲中のマンションから彼女を追い出したという。

 また、竹内は吉谷と交際中の頃から家族に彼女として三吉を紹介していたと言い、二股乗り換えだったのではないかと指摘されている。さらに、竹内は吉谷が出していた同棲中の生活費およそ100万円を踏み倒そうとし、双方のマネージャーの仲裁が必要になったとも。これが事実だとすればイメージが覆る話だが、『スッキリ』ではそうした負の側面には一切触れず、新たな美男美女カップルの誕生を見守るようだった。

 「フライデー」記事にある浮気や金銭トラブルには触れず、熱愛要素だけを抽出して伝えた『スッキリ』の構成はやはり違和感が大きい。印象の悪い情報を省くならば、そもそもこのカップルの交際を伝える必要もないのではないか。一体なぜ、わざわざ不自然な情報の伝え方をしたのか、まったくもって不思議である。

「竹内涼真と三吉彩花カップルを盛大に祝福した『スッキリ』に激しい違和感」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。