YouTuberへずまりゅう、シバターの妻子を公開し炎上も「これがYouTubeだ」宣言

文=wezzy編集部
【この記事のキーワード】
YouTuberへずまりゅう、シバターの妻子を公開し炎上も「これがYouTubeだ」宣言の画像1

へずまりゅうTwitterより

 YouTuber の「へずまりゅう」がもの申す系YouTuber 「シバター」の妻子を公開し、炎上している。へずまりゅうは人気YouTuber を直撃するなど、いわゆる“迷惑系” YouTuber として知られている。

 今月1日、へずまりゅうは「シバター妻子に凸ってみた」との動画を公開。動画の冒頭、へずまりゅうがシバターの自宅周辺を直撃し、シバターと取っ組み合いになる。その間に撮影者である“しょうへい”が車に逃げ込む妻子を追いかけ、「旦那さん浮気してますよ」などと話しかけた。妻は後ろ姿だけだったものの、子どもの顔ははっきりと映っており、自宅周辺もモザイクなどはかけられていなかった。

 その後、へずまりゅうとしょうへいはシバターを直撃した理由と、直撃後にシバターと話し合いをした内容を明かす。

 へずまりゅうがシバターを直撃したのは、TwitterにDMでシバターの居住地についてが“タレコミ”があったからだという。実際にその場所を訪れてみたところ、シバターに妻子がいることが発覚。へずまりゅう曰く、シバターに妻子がいることは「世に出回っていない情報」だという。また、へずまりゅうの元にはシバターの浮気相手だと自称する女性からも連絡が来ているそうだ。

 シバターはへずまりゅうとの話し合いで、妻と子どものためにも動画は公開しないでほしいと懇願し、場所を横浜に移して、ヤラセでの動画の撮影を提案してきたという。しかし、へずまりゅうは「ヤラセは一切しない」として提案を却下。へずまりゅうは以前シバターにヤラセを疑われたことを根に持っており、ヤラセでないことを証明するためにもシバターを直撃したと説明した。

 シバターはすでに警察に被害届を出したというが、へずまりゅうは「建造物侵入はしていない」「自分はシバターに殴られた」と自身の正当性を主張。<これがYouTubeだ><これがへずまりゅうだ。何でもやるし狂人なんよ>と言い放った。

へずまりゅうのアカウントは利用停止に

 しかし動画公開後、妻子の顔や住所が特定できる映像に「やりすぎ」との批判が集中し炎上。へずまりゅうのYouTubeアカウントはBAN(利用停止)された。へずまりゅうは6月2日に新しいアカウントを作ったとTwitterに投稿したが、そちらも現在はBANされているようだ。それでも懲りず、現在はTwitterでシバターの妻子が映った動画と写真を公開している。

 一方のシバターはこの件に関して動画やSNSなどでは言及しておらず、Instagramには「説明すべき」とのコメントが殺到している。

 ただ、へずまりゅうもシバターも今まで意図的に炎上させることで人気と知名度を上げてきたYouTuberであり、こうした胸の悪くなるような動画をエンタメとして楽しむユーザーは多くいる。どこまでが真実でどこまでがヤラセなのかは、慎重に判断する必要がありそうだ。

「YouTuberへずまりゅう、シバターの妻子を公開し炎上も「これがYouTubeだ」宣言」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。