EXITりんたろー。が一カ月半で10キロ痩せ力説した「ダイエットに一番大切なもの」

文=千葉佳代
【この記事のキーワード】

 お笑いコンビ・EXITのりんたろー。が、およそ1カ月半で10キロ以上もの減量に成功した。りんたろー。が23日放送の『メレンゲの気持ち』(日本テレビ系)に出演すると、別人のようにほっそりとした顎のラインを見た視聴者から、「どうやって痩せたんですか」というコメントが殺到。りんたろー。曰く、ダイエットで一番重要なものは「睡眠」だったという。

 EXITの公式YouTubeチャンネルで公開した動画『【10kg痩せた】りんたろー激白!ダイエットに一番必要なのは〇〇だった!』によれば、りんたろー。は2月27日にダンス&ボーカルグループ・Da-iCEとコラボ企画が決まったことがきっかけでダイエットを開始。

 ダンスの練習中、ケータリングで食べたサラダの美味しさに驚き、ハイカロリーな弁当三昧の食生活に疑問を感じたという。「ロケ弁しか食べていなくて太るってどうなんだろう」と思い、それならダンスレッスンに合わせてお弁当をサラダにしてみよう、と思いついた。

 2月27日時点でりんたろー。の体重は97㎏(身長は180cm)。2週間後のPV撮影日までは頑張ろうと決めて運動とサラダの食生活を続けた。すると効果はてきめんに表れ、3月15日には体重が91㎏まで減少した。わずか2週間半で6㎏も落ちたのだ。

 すっきりした体を周りが褒めてくれたことで、もう少し頑張ろうとダイエットを続行することに。主食をサラダにし、なるべく炭水化物をとらないように意識していたが、しかしある時期から体重が落ちなくなってしまったという。ダイエットにつきものの停滞期だ。

 この停滞期を乗り越えるキッカケになったのは、3月29日に行ったYouTubeの「チートデイ」企画だった。チートデイとは、ダイエットの停滞期に、食事制限をなくして好きなものを食べていい日にすることだ。停滞期に1日だけ食事を気にせず取ることで、飢餓状態を感じて消費カロリーを抑えている体が「カロリーを使っていいんだ」とごまかされるようになるという。結果、チートデイから12日間で体重は4㎏落ち、4月12日には87㎏へ。わずか48日間で10㎏もの減量に成功した。

 この結果に1番驚いたのは、りんたろー。本人だった。「すごーい。なんでこんなに簡単に落ちたんだろう」と、過去のダイエットと比較して今回は何が違ったのか考えるきっかけになった。過去のダイエットでは毎日ジムに行き食事にも気を付け、6カ月で20㎏まで落としたが、体に負担のかかるムリなダイエットだったため、すぐに10㎏リバウンドしたそうだ。そしてりんたろー。はこう結論づける。

「そのときとの明らかな違いってやっぱり睡眠時間なんだよね」

 ハードなダイエットをしていたときは「しっかり寝てください」と言われていたが、当時はバイトで忙しく、平均睡眠時間は2~3時間。

「だから結局、りん子は気づいたのっ! ダイエットに一番大切なものは睡眠だって! 寝てる時間に痩せるっていうのはほんとそうなんだなって。だからね、今ダイエット頑張ってる人がいたら、とにかく寝てください!」

 ダイエットで重要なのは食事7割、運動2割、睡眠1割だと言われているが、りんたろー。は「食事6割睡眠4割、これに尽きる!」と力説。そもそも急激な体重減少は体に負担をかけてしまうものだが、今回、美味しい食事と適度な運動、そして十分な睡眠で健康的に痩せられたというなら何よりだ。コロナ禍で、徹夜を余儀なくされるようなハードスケジュールがなくなったことも大きいだろう。

「EXITりんたろー。が一カ月半で10キロ痩せ力説した「ダイエットに一番大切なもの」」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。