『ごくせん』『花男』『99.9』松本潤のドラマ“続編率”がすごい!

文=田口るい
【この記事のキーワード】
『ごくせん』『花男』『99.9』松本潤のドラマ続編率がすごい!の画像1

嵐Instagramより

 新型コロナウイルスの影響で新作ドラマの撮影が遅れていることから、過去のヒットドラマの再放送が続いている。6月3日と10日には、仲間由紀恵主演の2002年のドラマ『ごくせん』第1シリーズ(日本テレビ系)が放送予定だ。

 『ごくせん』は仲間由紀恵演じる熱血教師と不良学生の絆を描いた学園ドラマ。第1シリーズの平均視聴率は17.4%、最高視聴率23.5%と好記録を残し、その後『ごくせんリターンズ』『ごくせん2002 スペシャル さよなら3年D組〜ヤンクミ涙の卒業式』と2本のスペシャルドラマも放送された。さらに『ごくせん』は第3シリーズまで制作される大ヒットコンテンツとなっている。

 そんな『ごくせん』第1シリーズの生徒役には嵐の松本潤、小栗旬、成宮寛貴など『ごくせん』出演を機に俳優やタレントとしてブレイクした面々が名を連ねている。中でも白金学院高校3年D組のリーダー格・沢田慎を演じた松本はこれで人気に火がつき、ヒットドラマには欠かせない存在になっていった。

 2005年放送の『花より男子』(TBS系)で松本は、道明寺財閥の御曹司で俺様キャラの道明寺司を演じ、“ハマり役”だとしてさらに大ブレイク。同ドラマには『ごくせん』で松本と共演した小栗の他、ブレイク前の松田翔太も出演していた。

 『花より男子』の平均視聴率は第1期で19.8%、第2期で21.6%、さらに主題歌や挿入歌として使われた嵐の『WISH』や『Love so sweet』、大塚愛の『プラネタリウム』、宇多田ヒカルの『Flavor Of Life』はすべてオリコンチャートで1位を獲得。人気のあまり、2007年の続編に加えて2008年に映画版も制作されるほどであった。ちなみに、主演の井上真央と松本は同ドラマでの共演をきっかけに交際に発展したともいわれ、ファン公認のカップルに。いろんな意味でファンに衝撃を与える作品となった。

 その後も2007年の『バンビ~ノ!』(日本テレビ系)、2010年の『夏の恋は虹色に輝く』(フジテレビ系)、2012年の『ラッキーセブン』(フジテレビ系)、2014年の『失恋ショコラティエ』(フジテレビ系)などのドラマで主演を飾った松本。『失恋ショコラティエ』ではパティシエを演じていたが、石原さとみ演じる人妻と濃厚なキスをしたり、水原希子との入浴シーンがあったりと過激なシーンも多く、ファンからは「エロい潤くんが見れる」「風呂潤」と困惑や興奮の声が漏れていた。

 2016年には『99.9 -刑事専門弁護士-』(TBS系)で、マイペースで型破りな刑事専門弁護士役に挑戦。松本のコミカルな演技と一話完結のテンポの良いストーリーが人気を集め、2018年には第2期が放送された。先日の5月31日にTBSが第1期の特別編を再放送したことからもわかるように、視聴率のとれる人気コンテンツであることは確かだ。

 複数の主演ドラマが続編やスペシャル版まで制作に至っている松本潤。スーパーアイドル嵐のコンサートを手がける演出家としての顔もファンには有名だが、役者としてもまた一流なのかもしれない。

「『ごくせん』『花男』『99.9』松本潤のドラマ“続編率”がすごい!」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。