BTS、IZ*ONEが「#BlackLivesMatter」に賛同 K-POPファンは白人至上主義者のハッシュタグを乗っ取り

文=wezzy編集部
【この記事のキーワード】
【完成】BTS、IZ*ONEが「#BlackLivesMatter」に賛同 K-POPファンは白人至上主義者のハッシュタグを乗っ取りの画像1

BTS公式Instagramより

 BTSの公式Twitterアカウントが黒人差別への抗議運動に賛同の意を示す投稿を行った。6月4日、BTSのTwitterアカウントは「#BlackLivesMatter」のハッシュタグとともに、<We stand against racial discrimination.We condemn violence.You, I and we all have the right to be respected. We will stand together.(私たちは人種差別に反対します。私たちは暴力に反対します。私と私たちはみんな尊重される権利があります。私たちは団結しましょう)>とツイートした。

 また同日、日韓合同アイドルグループ・IZ*ONEの公式Instagramアカウントは、真っ黒な画像を投稿している。黒人男性のジョージ・フロイドさんが警察官により不当に殺害された事件を受けて全米各地で抗議行動が起きているが、抗議に賛同の意を示すためSNSに真っ黒な画像を投稿する流れがあり、エマ・ワトソンなどハリウッドセレブもそうした投稿を行っている。IZ*ONEも真っ黒な画像を投稿することで、グループとして黒人差別に反対する姿勢を明確にしたかたちだ。

 BTSやIZ*ONE以外にも、黒人に対する暴力や差別撤廃を訴える「Black Lives Matter(黒人の命は大切)」運動に賛同の意を示すK-POPアイドルは多い。

 アンバー(元f(x))、イェソン(SUPER JUNIOR)、SOL(BIGBANG)、ティファニー(少女時代)、BoA、ルナ(元f(x))などはSNS を通じて賛同を示し、GOT7のマークはジョージ・フロイド公式メモリアルファンドに7000ドル(約75万円)を寄付している。

 K-POPファンも、そうした動きに続く。K-POPファンが白人至上主義者のつくった「#WhiteLivesMatter」というハッシュタグを乗っ取ったのだ。

 現在、「Black Lives Matter」運動に水を差すため、差別主義者たちが「All Lives Matter(すべての命が大切)」などの言葉を掲げる流れがある。しかし、これは話のすり替えだ。「Black Lives Matter」は、「黒人の命“だけ”が大切だ」と言っているわけではない。

 アメリカには、白人であれば受けないような暴力が黒人を襲うという現実があり、何人も犠牲者が出ている。2013年にも、黒人少年のトレイボン・マーティンさんが白人警官に射殺された事件などをきっかけに、警官の黒人に対する不当暴力を訴える運動が起きた。

 「Black Lives Matter」は、白人の命と同じように黒人の命も蔑ろにしないでほしいと訴えている。しかし、そうした訴えを無視して話をすり替える白人至上主義者たちが、Twitterで「#WhiteLivesMatter」というハッシュタグを生み、さらなる黒人差別に走った。するとK-POPファンは、このタグを無効化するため、「#WhiteLivesMatter」を付けて「推し」の画像を投稿し始めた。

 現在、「#WhiteLivesMatter」のハッシュタグをつけていた白人至上主義者たちの差別的な投稿は、大量に投稿されているBTSやBLACKPINKなどのK-POPアイドルの画像に埋もれてほとんど見ることができなくなっている。

あなたにオススメ

「BTS、IZ*ONEが「#BlackLivesMatter」に賛同 K-POPファンは白人至上主義者のハッシュタグを乗っ取り」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。