宮迫博之のYouTube大成功! チャンネル登録者数100万人も間近、人気の理由は?

文=千葉佳代
【この記事のキーワード】

 雨上がり決死隊・宮迫博之のYouTubeチャンネル「宮迫ですッ!」のチャンネル登録者数が、今月中にも100万人を超えそうな勢いだ。

 宮迫は年収5億円の超売れっ子芸人から一転、昨年6月に闇営業問題が発覚したことで、吉本興業と揉めに揉めて退社した。テレビでその姿を見ることはなくなったが、今年1月29日に「宮迫ですッ!」が始動してからは破竹の勢いで人気YouTuberの階段を駆け上がった。

 一番最初の動画『宮迫博之よりご報告』は半年ぶりのメディア露出ということもあり、たった1日で204万回再生をたたき出した。ただし高評価の倍近くの低評価がつくなど、宮迫への風当たりは厳しいものだったが、風向きはあっという間に変わる。

 2本目の動画では人気YouTuberのヒカルとコラボし、軽快なツッコミを交えたフリートークを披露。すると「宮迫ほんまおもろいわ」「宮迫さんいないとテレビおもんない」など好意的なコメントが相次ぎ、低評価よりも高評価が多くなった。その後もヒカルとのコラボは「宮迫ですッ!」の人気コーナーとなっている。

 プロデューサー的な役割を担っていると言われるヒカルのコンサルとしての能力が優れていることはもちろんだが、雨上がり決死隊の、吉本タレントとしての宮迫ではなく、“YouTuber宮迫”に新しくファンがついたことは間違いない。特に若い世代は宮迫を『哀愁漂う可愛いおっさん』キャラとして認識しつつあるようだ。

 たとえばこんな場面。宮迫はもともと料理が得意だというが、料理動画では「俺、味の素めっちゃ好きやねん。味の素入れたらなんでもうまくなるやろ」と味の素をどばどばとフライパンに振り入れ、味の素が焦げて火を噴いた。「焦げてる! こんなことになるとは思わへんかった! 危ない!」と汗だくで火を消し止める。ヒカルが「わざとなんですか? それは?」とツッコミ、「わざとできるか、こんなこと!」とキレてみる。最終的には「……ごめんなさい」としょげていた。

 こんな掛け合いが微笑ましくうつるようで、「なごみます」「応援したくなる」とのコメントがつく。また、ヒカルの誕生日にラーメンをふるまおうとしたときには、逆にヒカルに1個20万円もする電気ブラシをサプライズでもらってしまい、「今から俺ね、誕生日祝いにラーメン作るだけなんですよ……。こんなもんもらっておいて、これできる!? ヒカル君がいつもブタメン食べてるから、豪華なブタメン作ったら喜んでくれるやろー! って言うてるだけやねん!」とあわてふためき、視聴者を笑わせた。

 へそにプリンを乗せ手を使わずにプリンを食べようとしたり、巨大ちゃんぽんの大食いに挑戦したり、歌を披露したりと、アラフィフのベテラン芸人でMCポジションだった宮迫がテレビではやらなそうな超絶くだらないことをやっている。「俺、50やぞ」と言いながらも、あの手この手で笑いを取りに行った結果、YouTubeからの新規ファンは増えているようだ。YouTubeのチャンネル登録者=宮迫の動画を見たい人、つまりファンの数だ。スーツを着てアメトークの司会をしていた頃の宮迫には魅力を感じなかった層かもしれない。

 5月4日に宮迫が歌うロコンドのCMが流れたが、CMの初放送に合わせて宮迫が行った生配信は約14万人が同時に視聴。ステイホームのゴールデンウィークが退屈だったとはいえ、である。

 ただ、テレビではまだ宮迫はNG。吉本興業がNGを出しているということだろう。ロコンドの社長はテレビ東京以外の民放各局にCMの放送を拒否されたと訴え、波紋を呼んだ。YouTubeでは成功した宮迫だが、テレビへの本格復帰をするには、吉本との話し合いが必須。このままYouTubeを根城にして何年も全力疾走するのも辛いものがあり、吉本と向き合わなければいけない日はいつかくるだろう。

「宮迫博之のYouTube大成功! チャンネル登録者数100万人も間近、人気の理由は?」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。