努力家で優秀なアジア系女性という「人種」ステレオタイプ~『ウォッチメン』分析

文=北村紗衣
【この記事のキーワード】
努力家で優秀なアジア系女性という「人種」ステレオタイプ~『ウォッチメン』分析の画像1

Amazon Primeより

 今回の記事では、アマゾン・プライムで配信されているHBOのドラマ『ウォッチメン』をとりあげ、アジア系女性キャラクターの扱いについて考えたいと思います。

 このドラマはアラン・ムーアによる同名のコミックのスピンオフで、社会批評的な作品として評価が高く、私も第8話までは大変面白く見ていたのですが、正直なところ第9話の展開でかなり幻滅しました。結末の激しいネタバレがありますので、未見の方は注意してください。

テレビドラマ版『ウォッチメン』と人種差別

 『ウォッチメン』は非常に複雑な作品なので基本設定だけ説明します。覆面のスーパーヒーローによる無許可の自警活動が禁止され、そのかわりに警官は身を守るためヒーローばりに覆面をつけて活動をしているアメリカ社会が舞台のディストピア作品です。年代としては我々が生きている現在と同じ時期に設定されていますが、世界観が大きく違っており、一種の歴史改変SFです。

 その一方、差別撤廃への反感で盛り上がる白人至上主義組織の活動など、現代アメリカを強く意識させるような要素が大量に盛り込まれています。直線的な時系列では進まず、登場人物も多いので、一筋縄ではいかない作品です。

 基本的には群像劇ですが、一応主役級のキャラクターと言えるのが、「シスター・ナイト」という名前で覆面の捜査員をつとめているアフリカ系アメリカ人女性アンジェラ(レジーナ・キング)です。この世界線ではヴェトナムはアメリカに併合されていて、アンジェラはヴェトナム出身です。アンジェラの素性が第1シーズンの謎のひとつで、このあたりを中心に歴史上の事件なども織り込みつつ、暴力と人種差別に満ちたアメリカ史を書き直そうとしています。

 過剰に複雑で盛り込みすぎというところは若干ありますが、テレビドラマの『ウォッチメン』が野心的な作品であることには間違いありません。内容がエキサイティングで鋭いばかりではなく、人種差別の扱いについても高い評価を受けています。必要以上にネタバレしたくないので細かく立ち入りませんが、私もこの作品はアフリカ系アメリカ人差別について極めてニュアンスに富んだ描き方をしていると思います。ジョージ・フロイド殺害事件が起こっている現在のアメリカに必要とされているような物語であることは間違いないと思います。

 しかしながら、私が引っかかっているのは、この作品において深く掘り下げられている「人種差別」が、白人からアフリカ系アメリカ人に対する人種差別だけだということです。本作にはヴェトナム系のキャラクターが登場するのですが、アジア系に対する差別は極めて通り一遍に描かれているだけです。私はここが全く気に入りませんでしたし、正直怒りました。それはなぜかということをこれから説明したいと思います。

アジア系は頭が良いのが当たり前

 『ウォッチメン』にはレディ・トリュー(ホン・チャウ)というヴェトナム系の女性が登場します。トリューは才能と努力で大きな富を手に入れた実業家で、野心と将来のヴィジョンに満ち満ちています。何かばかでかい建造物を作っており、終盤まではあまり動機のはっきりしないミステリアスな人物です。

 トリューはマーク・ザッカーバーグ、イーロン・マスク、リチャード・ブランソンのような、ちょっと奇矯な実在の企業家をモデルに作られています。しかしながら、どう見てもヴェトナム女性がオシャレと思うわけなさそうな髪型で出てくるトリューは、表情が読みづらくて何を考えているのかはっきりしない、白人が考えるところの典型的な「謎の東洋人」でもあります。さらにアメリカ社会では、アジア系はガリ勉で出世を目指しているというステレオタイプが存在し、トリューはこのイメージに沿った人物です。

 ここでとりあげておきたいのが、中国文化圏の女性のステレオタイプで、「タイガー・マザー」(虎のような母親)という人物像です。これは子供に立身出世をさせるべく極めて厳しい教育を行う母親を指す言葉ですが、トリューはこの「タイガー・マザー」の娘であり、また本人が一種の「タイガー・マザー」でもあります。トリューは少数民族で女性だという社会で不利なポイントを跳ね返すため超人的な努力をしており、その結果として成功を手にしています。

 この作品のリアルさとしては、そんなトリューの努力に対して誰も注目していないというところがあります。大金持ちで奇妙な巨大建築物を作っているというからには、世間で噂になったり、地元のメディアから取材が来たりしてもおかしくないのですが、このドラマではそこまで大きな注目を受けている気配がありません。アジア系は頭が良くて努力家でちょっと風変わりだからスゴいことができても当たり前、みたいな感じでスルーされてしまうのです。

 これはアメリカ社会ではありがちなことで、たとえば大統領選の民主党候補として台湾系アメリカ人の実業家アンドルー・ヤンが名乗りをあげた時は、この若くして成功し、華々しい経歴を持つ人物が、白人の候補者に比べると報道で無視されがちなのではないかということが議論されていました。これは南アジアなども含めたアジア系アメリカ人全般について言えることで、なぜかいないみたいな扱いをされるし、どんなに頑張ってもどうせアジア系なら当たり前でしょ、みたいな目を向けられるのです。

しかしながら、トリューがけっこう無視されているというこの番組の描写はおそらく意図的ではなく、「天然」です。というのも、この作品じたいがあまりトリューを画面に映さず、人物像を掘り下げていないからです。この番組でみんながトリューの建造物にあまり関心を示していないのは、たぶんそもそも作品自体がトリューにあまり重点を置いていないからだと思われます。

いくら頑張っても結局、凍ったイカで死亡

 ここからは終盤の大きなネタバレになるのですが、誰も気にかけてくれなくてもすごく努力してきたトリューは、結局全ての黒幕だったらしいことがわかります。なんとトリューは、メインキャラクターのひとりで超人的な才能を持つオジマンディアスことエイドリアン・ヴェイト(ジェレミー・アイアンズ)の娘で、これまた強大な力を持つDr. マンハッタンを利用して自分の手で世界改革を成し遂げようとしていたのでした。誰も褒めてくれなくても一生懸命自分の目標に向けて頑張り、変な方法ではありますが一応父母に孝養も尽くそうとするトリューは、まあ言ってみれば伝統的なアジア系女性の美徳の鑑みたいな存在です。

 トリューの母はオジマンディアスの保存された精子を勝手に盗んで妊娠したという設定です。これは妙な計画ですが、とりあえずは現地の女性を妊娠させる側として常に偉そうに振る舞ってきた西洋の宗主国に対して、植民地の女性が自分の意志で相手を出し抜こうとするという展開で、帝国主義に対するある種のねじれた抵抗と言えるでしょう。このねじれた抵抗の産物であるトリュー自身、正面から戦うよりは帝国主義を出し抜くようなやり方を選んでおり、白人至上主義団体を手玉にとることで計画を成功させようとします。

 ところがトリューの努力は全く報われません。トリューを待ち受けている運命は、傲岸な父オジマンディアスに殺されるというものです。オジマンディアスはトリューに自分と同じものを嗅ぎ取って計画を阻止しようとします。トリューの計画が善良で立派だとはまあ言えないでしょうが、無実の民間人を虐殺したとかいうような規模の悪事はまだ行っていません。それなのに、予防的措置として変人の父親に凍ったイカを雨あられと浴びせられ、身体に穴があいて機材の下敷きになって死んでしまうのです。

なぜって、私がトリューだから

 トリューの描写については、アメリカとヴェトナムの歴史的関係を背景とするさまざまな批判があります。アジア人差別はもちろんのこと、このトリューの描写には、野心的で人一倍努力家の女性は不愉快で面白くない、という性差別的な前提が存在します。同様に傲慢で自己中心的であるオジマンディアスに比べても、トリューは深みのあるキャラクター描写が与えられていません。

 野心家の女性は悪役であるというのはアジア系女性に限ったことではなく、白人女性でもよくあるステレオタイプです。以前とりあげた『ワーキング・ガール』もそうですし、リース・ウィザースプーン主演の学園ものコメディ『ハイスクール白書 優等生ギャルに気をつけろ!』(1999)などは上昇志向の強い女性に対する反感だけで成り立っているような作品です。トリューはアジア系の女性であるため、努力家で野心に満ちた不愉快な成功者というステレオタイプがさらに強化された形で現れています。

 私が『ウォッチメン』に怒ったのは、それまではこの作品を面白いと思って見ていたというのが大きいですが、一方でトリューが自分に一番近いキャラクターだと思ったからです。トリューはアジア系の女性で、あまり髪型のセンスが良くなくて、明らかに所謂オーバーアチーバー(overachiever、身の程をわきまえずに異常に頑張る人)です。こういうオーバーアチーバーのアジア系女性というのは、アメリカ社会ではおそらく好かれていません。

 ここでちょっと自分の経験をお話しします。私は去年、アメリカのヴァージニア州スタントンで開かれた、ブラックフライアーズ学会というシェイクスピアの研究集会で発表しました。

 ブラックフライアーズ座という劇場で開催される学会であるためお芝居の上演が組み込まれているのですが、その中でリーディング上演された『キーン』という作品がありました。この戯曲はシェイクスピアの国際学会はいかに白人ばかりかという問題を扱ったものだったのですが、その中に主要登場人物として、ほぼ英語が話せないのに学会発表をしようとしているカイという日本人の女性研究者が登場します。この学会で日本人発表者は私だけで(学生スタッフには留学生がいましたが)、おそらく観客としてその場にいた日本人も私だけだったと思います。

 これを見た時、私は人種差別を扱ったお芝居でも、アメリカでのアジアの女性というのはいまだにこういう扱いなのか……と心底暗い気持ちになりました。英語もできないし外国人ともあまり会ったことがないのに、国際学会で発表しようとしているオーバーアチーバー扱いなのです(実際は国際学会に出てくるようなアジア人の女性研究者というのはかなり英語ができることが多く、私はヘタクソなほうですが、それでも話題が研究関連なら普通に話せます)。さらに悪いことに、たぶんこのお芝居を作っているほうは、見た日本人女性がショックを受けるような内容だとは全く思っていません。

 私が『ウォッチメン』を見た時に怒りを感じたのは、たぶん去年『キーン』を見た時に感じたことがさらに増幅されたからだろうと思います。アメリカのコンテンツでは、たとえ人種差別を扱った作品であろうとも、アジア系の女性はいまだにトリューかカイみたいな扱いです。アジア系の女性キャラクターが善良で完璧である必要は全くないのですが、あまりにも奥行きが欠如していることが多いのは悲しいことだと思っています。

「努力家で優秀なアジア系女性という「人種」ステレオタイプ~『ウォッチメン』分析」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。