おぎやはぎ小木博明が暴言や逆張りで相次ぐ炎上に「時代についていけなくなってきてる」

文=wezzy編集部
【この記事のキーワード】
おぎやはぎ小木博明が暴言や逆張りで相次ぐ炎上に「時代についていけなくなってきてる」の画像1

『ゴッドタン』番組ホームページより

 おぎやはぎ小木博明がワイドショーやラジオ番組でのコメントの炎上が相次いでいることについて、<ついていけなくなってきちゃってるんだよね、時代の流れの早さに>と話した。

 それは6月6日深夜放送『ゴッドタン』(テレビ東京系)でのこと。この日の放送内容は「アンガールズ田中の勝手にお悩み先生」という企画で、アンガールズの田中卓志が芸人やバラエティタレントの心に秘めた仕事の悩みを言い当て、解決策を提示する人気コーナーだ。

 田中は、ネットで炎上が相次いでいることを小木が気に病んでいるのではないかと指摘した。

田中<小木さんのスタンスっていうのは昔から何も変わってないんですけども、世の中のほうが変わってきてるっていうことを、小木さんももう気づいてると思うんですけど、やっぱり、気付き始めなきゃいけないと思うんですよね>

 田中の読みは当たっていたようで、小木はワイドショーでの自身の発言への批判が家族や事務所に向かうことがあるのを気にしていると言い、このように悩みを打ち明けた。

小木<ついていけなくなってきちゃってるんだよね、時代の流れの早さに。自分のなかで抑えた発言をしたつもりなんだけど、なんかすごい炎上したりとか、のちのち聞いたりとかして。で、自分のなかで怖くなって言わないようにしてると、すごいスベった感じになったりとか>

 また、小木は製作側から「逆張り」を求められるため、敢えて人を傷つける暴言を吐かなければならない場面があるとも話した。

劇団ひとり<何かコメントを求められたときっていうのは、自分が思ったことを言ったらそれが逆張りになっちゃうの? それとも逆張りをしようと思ってコメントを言うの?>

小木<ケースバイケースだね。逆張りを言わなきゃいけないときもある><本心のときもあるけど、たまにあるのよ。逆張り言わなきゃいけない振られ方とか>

 先に引用した発言のなかで小木は<自分のなかで怖くなって言わないようにしてると、すごいスベった感じになったりとか>と語っているが、「逆張り」の要請に応えられなかった場合に、スタジオはそのような空気になってしまうということだろう。スタッフの演出意図を拒否すれば、コメンテーターの椅子に座り続けられる保証もない。

 もちろん、これらはあくまで『ゴッドタン』というお笑い番組のいちコーナーでの発言であり、重く受け止めるのもおかしいのかもしれない。だが、このやりとり自体がメタ的に「ポリコレ的にアップデートされつつある世の中の空気を嘲笑する」といった機能を持つとは思えなかった。少なくとも、小木が「世間の感覚と、自分自身や番組スタッフの感覚のズレに違和感を感じている」という部分は事実ではないだろうか。

 「時代の流れについていけない」は、自身の発言を批判された大御所テレビタレントが使いがちなフレーズだろう。小木がそのポジションにあるか否かは別として、他人をーー特に弱い立場のマイノリティを嘲る笑いは、今の時代の流れでは確実に「NG」だ。

 反動として「最近のテレビは言いたいことも言えなくなって面白くなくなった」というバックラッシュが起き、ネット番組ではハラスメントと女性差別に満ちた表現が跋扈してもいる。おぎやはぎ自身も『おぎやはぎの「ブス」テレビ』(AbemaTV)がルッキズムと女性蔑視を指摘されてきた。

 SNSで炎上すればある意味、旬のトピックになり、それを狙った演出もしばしばある。わざと露悪的な表現をしたり、逆張り発言をしても、それを支持する視聴者もいるのだから始末が悪い。バラエティ番組で芸人たちが見せるコミュニケーションがたとえ演出であっても、視聴者へ与える影響は甚大だ。情報バラエティにおける時事問題へのコメントひとつとっても、メディア側が想像する以上に視聴者にはダイレクトに受け止められている。ネット社会だからそうなったのではなく、もともとそうであったことがネットで可視化されたのだろう。その影響力の大きさに、タレント自身も向き合う必要がある。

あなたにオススメ

「おぎやはぎ小木博明が暴言や逆張りで相次ぐ炎上に「時代についていけなくなってきてる」」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。