渡部建「多目的トイレで奉仕させる」AV女優への残酷さ、過去には松本潤も

文=wezzy編集部
【この記事のキーワード】
渡部建「多目的トイレで奉仕させる」AV女優への残酷さ、過去には松本潤もの画像1

左・『王様のブランチ』公式サイトより/右・松本潤

 アンジャッシュの渡部建による複数不倫の全容を6月11日発売の「週刊文春」6月18日号(文藝春秋)が報じている。渡部が複数の女性たちにした仕打ちは不倫とすら言えない、あまりにもえげつないものだったことがわかった。渡部は2017年に佐々木希と結婚。翌年には長男が誕生している。

 同誌によれば渡部は、佐々木と結婚以降も複数の女性と肉体関係をもっており、結婚前から長く関係を続けている女性もいる。ただ女性たちの証言は“不倫”という響きとはややズレる。渡部は女性たちを性的に奉仕させていただけとしか読めないからだ。

 そのうちのひとりは、当初は渡部が個人事務所として借りている部屋に呼ばれて性行為に応じていたが、15分ほどで帰され、帰り際に1万円を渡されていたという。だがいつしか呼び出される場所は、六本木ヒルズ地下駐車場の多目的トイレに変わった。渡部は個室内で下半身を露出して舐めさせ、わずか3〜5分で達して、また1万円を渡して別れる。人を人とも思わぬ、あまりにひどい扱いである。

 ちなみに、スポーツ紙は9日の時点で、渡部がAV女優や会社員など複数の女性らと不倫関係にあり、渡部もそれを認めていると報じていたが、「文春」記事では渡部と肉体関係をもったという女性たちの職業を明かしてはいない。

 しかし、渡部建の不貞告発で思い起こさずにはいられないのが、嵐の松本潤と人気AV女優の葵つかさの関係だ。これを伝えたのも「週刊文春」だった。

 2016年末に同誌が報じたところによれば、松本は2012年に中村勘三郎の通夜の席で居合わせた葵に声をかけ、それから4年間関係を続けたという。その扱いはひどいものだった。

 ふたりの関係は常に松本が葵を家まで呼び出すかたちがスタンダード。それも深夜に呼び出しては明け方までに帰らせていたという。しかも交通費すら渡すことはなく、葵がタクシー代ぐらいは欲しいとお願いしたところ、松本は<お金を払うような関係じゃないよね?>と拒絶したそうだ。

 その間、松本と井上真央との交際や結婚の予兆についての週刊誌報道があり、葵は日陰の女だった。松本にしろ渡部にしろ、記事の内容が全て事実だとしたら、なぜ一人の女性に対してそこまで残酷な仕打ちができるのか理解に苦しむ。

あなたにオススメ

「渡部建「多目的トイレで奉仕させる」AV女優への残酷さ、過去には松本潤も」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。