竹内涼真は元カノ・吉谷彩子に何をした? 父親の話がおかしい!

文=wezzy編集部
【この記事のキーワード】
竹内涼真は元カノ・吉谷彩子に何をした? 父親の話が全然違う! 情報錯綜の怪の画像1

竹内涼真Instagramより

 竹内涼真の二股疑惑や金銭トラブルを「FRIDAY」2020年6月12日号(講談社)が報じてから約2週間が経過したが、その後、なぜか竹内を取り巻く不確かな情報が錯綜し、週間仕事に奇妙な食い違いが生じている。

 まず最初に「FRIDAY」が報じた内容から振り返りたい。記事によると、竹内と女優の吉谷彩子は3年ほど交際し同棲していたが、今年4月に竹内は一方的に別れを告げ、コロナ禍にもかかわらず吉谷を追い出した。そして三吉彩花に乗り換えたという。また、吉谷は生活費を100万円ほど肩代わりしていたが、竹内は破局に際して返済しようとせず、双方のマネージャーが話し合うに至ったとも。竹内の非情な態度に多くの批判が集まった。

 しかし今月9日発売の「週刊女性」(主婦と生活社)は、竹内涼真側の“言い分”を掲載。竹内が吉谷をマンションから追い出したのは、ベッドシーツを引き裂くなど彼女のヒステリックな性格に耐えられなかったからだという。金銭トラブルも実際は100万円にも満たない額で、一緒に犬を買ったときに、吉谷が肩代わりしていただけだそうだ。

 この時点で、「FRIDAY」と「週刊女性」とでは金銭トラブルに関して相違がみられるが、今月12日に公開された「日刊ゲンダイDIGITAL」の記事はまた違った見解だ。

 「日刊ゲンダイDIGITAL」によると、吉谷が肩代わりしていた金額は100万円程度で、同棲するにあたり生活用品を買い替えた時に発生したお金だという。ただ、吉谷はお金を返してもらうつもりはなかったというのだ。

 また今月4日発売の「週刊文春」(文藝春秋)が伝えた、タクシーとの接触事故を起こしたこともある竹内の“オラオラ運転”についても「日刊ゲンダイDIGITAL」は否定。危なっかしい印象だが“下手”なだけでオラオラ運転とは程遠いと、芸能ライターが証言している。いずれにせよ安全運転はできていないようだ。

「吉谷彩子の父親」の言葉が全然違う

 不可解なのは、「吉谷彩子の父親」の受け答えが、今月10日公開の「文春オンライン」と「FRIDAY」2019年6月26日号で正反対に解釈されて書かれていることだ。

 まず「文春オンライン」の内容はこうだ。娘と竹内の破局についてスポーツ紙で知った父親は非常に驚いたというが、吉谷に連絡することはしなかったといい、吉谷からも連絡はないそうだ。娘はもう大人なため、干渉はしない姿勢をみせていた。

 また「文春オンライン」では吉谷の事務所関係者の証言も掲載しているが、「当人たちの収入から考えて100万円はトラブルになる額ではない」「恋愛関係が終わっても二人は割り切って一緒に生活していた」と述べている。

 しかし一方で、「FRIDAY」の取材に応じた父親は様子が全く違う。

 それによれば吉谷は5月の初め頃、着の身着のまま2匹の犬を連れて、実家に帰ってきたという。竹内の家を追い出され友人の家に宿泊することになったため、ペットを預かってほしいと頼まれたそうだ。金銭トラブルについては両親も把握しているといい、事務所が間に入ったと証言している。

 そして父親は最後、竹内に「ひとつだけ言いたい」と切り出し、吉谷の荷物を返してほしいと懇願。なんと吉谷はマンションを追い出されて以降、荷物を取りたくても家に入れてもらえないのだという。

 これにもびっくりだ。「文春オンライン」では、「報道後にスタッフが竹内くんの立ち合いのもと、同棲していた部屋から吉谷の荷物を運び出して、いまは親友の家に身を寄せています」と吉谷の事務所関係者が証言していたのだから。一体何が事実なのか、さっぱりわからない。

 竹内と吉谷の間に何があったのか、謎は深まるばかりだ。

あなたにオススメ

「竹内涼真は元カノ・吉谷彩子に何をした? 父親の話がおかしい!」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。