新型コロナは「宇宙の意思」!? 死者を引き合いに出すゲスさ、安倍昭恵夫人の「お友達」も登場の老舗雑誌

文=山田ノジル
【この記事のキーワード】
新型コロナは「宇宙の意思」!?  死者を引き合いに出すゲスさ、安倍昭恵夫人の「お友達」も登場の老舗雑誌の画像1

「anemone」2020年6月号/ビオ・マガジン

 子宮を温めて免疫力を高める。次亜塩素酸水を噴霧する。このコロナ禍で次々湧き出てくるよくわからない言説も、百鬼夜行の如し。毎日毎日私の中のトンデモアラートが、不気味に赤く光っております。

 こんなとき、レベルが高すぎて凡人にはついていかれない格調高いスピ雑誌は何を発信しているのでしょう。そんなことから今回はひさしぶりに『anemone』(ビオ・マガジン)を手にとってみたご報告です。一般大衆の視点から見ると大変マニアックなこちらの雑誌、テーマは「光の現実を生み出す意識の目覚め」です。「女性性の開花」「日本人の霊性文化を世界へ」「スピリチュアルの科学化」「宇宙文明への参加」など、計6つの柱を掲げています。

 当連載では2014年に、1回だけレビュー記事を書きましたが、あまりの別次元っぷりにほぼついていかれず、私の可視領域におわす物件ではない……と手を引いていました。だって「現代文明よりもはるかに高度な文明を持つ種族=レムリア人が、人類の進化を願いメッセージを送ってくる~」とかだったので。自分の生活との接点が、あまりにもなさすぎる。

 しかし2020年6月号の特集テーマは「コロナウイルスの正体」(!)。まさにわが身も渦中である新型コロナについてとなれば、再び興味が沸いてきます。ということで行って見ましょう、いざ異界見学へ。

コロナ=世界のエリート層による計画

 冒頭は、anemone編集長からのメッセージでした。ここに特集の主張が集約されていると思ってよさそうです。かいつまむと、こう。

・新型コロナウイルスは、新しい意識・価値観をつくるために現れた、宇宙計画による気づきの使者。コロナは宇宙からやってきたと思われる十分な特性を備えている。

・化学兵器であることは間違いない。しかし闇の組織にそれを作らせたのも、私たちの使命を促すための、宇宙の意思。

・マスコミがわざと恐怖をあおる報道をするのは「思考・イメージしたものが現実を創る」という私たちのすごい能力を利用して奈落絵を作り、知らず知らずのうちに逃れられないようにするため。管理社会・支配体制を敷き、人類を眠らせたままにしておきたい世界のエリート層による計画の一部である。

・我々が進化することで鎖星状態のローカルな地球人類から宇宙の水準に見合った銀河人類へと近づき、宇宙文明に参加できる「その日」がくる。

 ああ、安定のスピリチュアル節。新型コロナもこういう扱いなのねえ……。ところで「鎖星」って、鎖国の宇宙版、と考えればいいんですか? ってことは、UFOは黒船なんでしょうか。でもまあ宇宙の意思! とか夢ある世界はまだ面白い。しかし「闇の組織」などの陰謀論系が出てくると、秒でしらけるわあ~。被害妄想でしょうか? 「特別な情報にたどり着いた私たち」と「知らないやつらは愚か・哀れ」という見下しが入ってるような空気を感じるのは。また、陰謀論は疑似科学周辺と相性がいいのも、嫌いなんですよね。

 しかしそこで「そんなわけあるかい!」とがなりたてるのは詮ないこと。災難に見舞われたとき、「全ては気づき…」「全てに感謝…」と穏やかな笑みをうかべるのは、もはや「スピしぐさ」なのですから。ちなみにこのしぐさは自分が苦難を乗り越えるときだけでなく、加害者となったときにも便利この上ない行動哲学ですので、応用力は抜群です。なるほどanemoneは、医学的科学的解決が全世界から切望されているこの新型コロナも、とことん「スピしぐさ」で対応していくのですね。そこから始まる、さまざまなスピリチュアル有名人たちの「私たちの考える新型コロナ」とは?

昭恵夫人と「友達」の医師

 画家・作家のはせくらみゆき氏は「コロナウイルスさんやマザーアースとお話してわかった内容をお伝えする」と来ました。「コロナウイルスとお話し」って、陽性の方なのかしら? と思ってしましたが、そういうわけではないようで、本来は誰でもできること……なんだとか(わけがわからないよ)。聞き取り調査によると、コロナウイルスの主張→「僕は太陽から来た」「本質は太陽意識だ」「恐れと不安に感応して、それが増殖するようにというプログラムコードが書き込まれている」。マザーアース(地球のことか)に聞いた目的は「今のままでは新生地球の高い周波数帯に移行できないので、そこで進化させるために親である太陽の意識に依頼して遣わせてもらった」そうです。

 我々の知っている三次元の宇宙と、彼らの言う精神世界の宇宙は別物なのでしょう。饒舌なメッセージをバンバン送ってくる、別の宇宙。しかし大変失礼なことを申し上げますが……すっごく誰にでも思いつきそうな……宇宙意思ぃ。もし太陽意識も地球意識もあるのなら、想像もつかないようなあっと驚く進化の方法がありそうなんですが。「その発想はなかった!」というような。でも、誰にでも理解できる簡単な理屈&言葉で語ることもまた、スピしぐさ也。

 さて、スピしぐさは現役医師も嗜んでいるようです。特集には、首相が新型コロナ警戒発言した後に、昭恵夫人と一緒に神社参拝ツアーを行ったと報じられた「ドクタードルフィン」こと松久正氏医師が登場しています。anemoneサイドでは「現役医師の立場から勇気をもって発信している方がいらっしゃいます」と紹介。勇気、なのかなぁ?

1 2

あなたにオススメ

「新型コロナは「宇宙の意思」!? 死者を引き合いに出すゲスさ、安倍昭恵夫人の「お友達」も登場の老舗雑誌」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。