ピカール「ムール貝の漁師風」でリッチな食卓!

文=A4studio
【この記事のキーワード】
【完成】ピカール「ムール貝の漁師風」はクリームの味つけでとっても食べやすい!の画像1

ピカールの「ムール貝の漁師風」、見た目はちょっとグロい…?

 近年ではスーパーなどでも販売されるようになり、身近な食材となったムール貝。今回は、殻を取り除いたムール貝を白ワインや生クリームで味つけした、ピカール(Picard)の「ムール貝の漁師風」をご紹介します。

※当記事で紹介する商品はオンラインショップで購入したものです

ピカール「ムール貝の漁師風」とは

【完成】ピカール「ムール貝の漁師風」はクリームの味つけでとっても食べやすい!の画像2

寒色系の爽やかなパッケージ

 「ムール貝の漁師風」の税込価格は951円。内容量は400gとのことなので、ムール貝がびっしり詰まっています。エネルギーは100g当たり116kcalのため、1袋の合計では464kcalということになりますね。

【完成】ピカール「ムール貝の漁師風」はクリームの味つけでとっても食べやすい!の画像3

当然、フランスが原産国です

 調理はフライパンか電子レンジで行います。フライパン調理の場合は、解凍していない状態のまま200gの場合は約8分30秒、400gの場合は約18分弱火で加熱してください。電子レンジの場合は、耐熱皿に入れて200gの場合は600Wで約4分30秒、400gの場合は同じく600Wで約7分加熱してください。

【原材料名】チリイガイ、白ワイン、クリーム(乳成分を含む)、バター、玉ねぎ、パセリ、にんにくペースト、魚のフュメ(マルトデキストリン、タラ、食塩、ひまわり油、白ワイン、たまねぎ、でん粉)、ムール貝エキス(たまねぎ、白ワイン、ムール貝の出汁、その他)、にんにく、小麦粉/増粘剤(加工でん粉)、香辛料抽出物

貝の味をクリームが引き立たせているピカール「ムール貝の漁師風」

【完成】ピカール「ムール貝の漁師風」はクリームの味つけでとっても食べやすい!の画像4

開封直後のムール貝がこちら

【完成】ピカール「ムール貝の漁師風」はクリームの味つけでとっても食べやすい!の画像5

加熱すると赤い貝の身が鮮やかに

 それでは実食していきましょう! 貝は個々の大きさがまばらですが、基本的にどれもジューシーで食べ応えがあり、存分に貝の味わいを堪能できます。ムール貝の独特の風味は“おフランス感”がありますね。白ワインのおかげか生臭さはほとんどなく、クリームの味つけによって貝の苦味がマイルドになっているため、貝類の味が苦手な方でもけっこういけるかも……?

 メインディッシュとしては物足りないかもしれませんが、ディナーに一品足したいときに最適ですね。ワインのつまみにもよさそうです。

 また、今回フライパンで調理したのですが、表記されていた調理時間で温めたところ若干フライパンが焦げついてしまったので、フライパンを使い加熱する際は火加減などに注意を払ってください。

ピカール「ムール貝の漁師風」とスパゲッティを合わせてムール貝のパスタに

 様々な料理に合わせることができるとのことなので、実際にスパゲッティと絡ませて食べてみました。

【完成】ピカール「ムール貝の漁師風」はクリームの味つけでとっても食べやすい!の画像6

貝とスパゲッティがベストマッチ

 貝が肉厚なのでスパゲッティと絡めても味が負けることなく、絶妙な味わいとなりました! もうひと手間惜しまずに、玉ねぎなどほかの食材を加えて混ぜ合わせ、より本格的なスパゲッティにしても美味しいのではないでしょうか。ぜひお試しあれ。

「ピカール「ムール貝の漁師風」でリッチな食卓!」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。