マイナポイントとキャッシュレス決済の紐付け、お得すぎるキャンペーンが続出

文=川部紀子
【この記事のキーワード】

マイナポイントとキャッシュレス決済の紐付け、お得すぎるキャンペーンが続出の画像1

 ファイナンシャルプランナーで社会保険労務士の川部紀子です。前回は、2020年9月から始まる政府のマイナポイント事業について紹介しました。ステップ1でマイナンバーカードの取得、ステップ2でマイナポイントの予約(マイキーIDの設定)、そしてステップ3のキャッシュレス決済の登録が7月1日からできるようになった、という内容でした。

 筆者は、「クレジットカードを登録して、そのクレジットカードからスマホ決済にチャージをして支払いをすれば、マイナポイント+クレジットカードのポイント+スマホ決済のポイントの3重取りができるかな?」などと目論んでおりましたが(詳しくは前回の記事をご覧ください)、そんなお得では甘過ぎたようです。

 キャッシュレス各社がこの機に乗じて顧客獲得すべく、大盤振る舞いなキャンペーンを打ち出したのです。今日は現時点で判明している各社のキャンペーンでお得なものや面白いものを紹介します。

 どのキャッシュレス決済をマイナポイントと紐付けするか、参考にしていただければと思います。

【電子マネー】

●WAON:最大2000円相当プレゼント

 WAONに20000円のチャージをして、マイナポイントの最大額5000円分を受け取る場合は、さらに2000円相当(10%)のWAON(WAON独自のポイント)がプラスされます。20000円チャージしない場合は2000円相当ではなくチャージ額の10%となる点には注意が必要ですが、還元率は他のサービスと比べて突出しているので、WAONを多用している方にはおすすめです。

 WAONは元々プラスチックカードで定着し、現在は携帯電話(ガラケー)やAndroidのおサイフケータイ機能でも利用できる電子マネーです。しかし、筆者はWAON利用者の相当数が昨年一昨年と勢いを増したスマホ決済に移行したと予想しています。最大2000円相当の上乗せはそんな人も振り向くほどのお得度です。マイナポイント5000円と合わせると7000円分を受け取れることになります。WAONのプラスチックカードを引っ張り出す価値はありそうです。

 この事業の期間にWAONがApple PayやQRコード決済に対応したら、今後も非常に便利なキャッシュレス決済になるのですが……どうなるでしょうか。

●Suica:1000円相当プレゼント(ビューカードチャージと抽選でプラスαも)

 マイナポイントに加えて、チャージすると1000円相当のJRE POINTが付与されるので、普段からJRE POINTを活用している方にはおすすめできます。

 JR東日本のクレジットカード「ビューカード」からSuicaへチャージをしている方はさらに注目です。1000円分に加えて、抽選で2500名に2000円相当のJRE POINTが付与されるので、マイナポイント5000円+1000円+2000円で最大8000円を受け取れる可能性があります。抽選に当たれば、WAONよりもお得ということになりますね。

●nanaco:500円相当プレゼント(税込3,000円ごとの自動抽選でプラスαも)

 nanaco利用者はマイナポイントと紐付けするだけで500円相当のポイントを受け取れます。20000円の上限額を使う必要はありません。さらに、nanaco利用金額累計3,000円(税込)を1口として、自動抽選が行われ、次のポイントが上乗せされる可能性もあります。

1等50000円相当(500名)、2等10000円相当(1500名)、3等5000円相当(3000名)、4等1000円相当(5000名)、5等775円相当(10000名)

 仮に5等でも当たればマイナポイント5000円+500円+775円で6275円ですし、当選人数も少なくないので面白みもありますね。

 現在nanacoはプラスチックカードかおサイフケータイでの利用なので、今後Apple PayやQRコード決済への対応が決まれば喜ぶiPhoneユーザーは非常に多いと思われます。スマホ決済は昨年7Payが短期間で撤退したばかりなので、少し難しいかもしれませんが……。

【スマホ決済】

●ゆうちょPay:1500円相当プレゼント(新規ダウンロードと口座登録でプラス500円相当)

 スマホ決済の中では後発組といえるゆうちょPayも今回を顧客獲得のチャンスと捉えていることが伺えるお得企画を打ち出しています。マイナポイントでゆうちょPayを選べば1500円相当を受け取れるのですが、仮にゆうちょPay自体を8月31日(月)までに新規でダウンロードした場合、500円がプラスされます。マイナポイント5000円+1500円+500円で7000円ですから、電子マネーのWAONと同水準があり得ます。

 iPhoneユーザーは現在WAONを使いにくい状況なので、ゆうちょPayの新規ダウンロードをする方法もありでしょう。

●メルペイ:メルカリ専用最大1000円相当プレゼント(残高チャージでプラス最大1000円相当、さらに抽選でプラスαも)

 メルカリでよく購入をする人は注目です。当初のキャンペーンではメルカリだけで使える1000円相当のポイントプレゼントのみでした。元々、メルカリは中古品等を安く出品している人も多いわけですから、1000円相当のポイントでもお得だと感じましたが、数日後に追加キャンペーンを発表してきました。

 メルペイにチャージをすることで、チャージ額に応じて最大1000円相当(1,000円~1,999円のチャージで100円相当、10000円以上のチャージで1000円相当)が付与されます。ここで、マイナポイント最大5000円+メルカリ用1000円+1000円で7000円を軽々獲得できる人は多いはずです。

 さらに、抽選による次の上乗せも発表したのです。1等1,000万相当(1名)、2等100万円相当(10名)、3等50000円相当(150名)、4等5000円相当(1500名)、5等500円(130000名)とのことです。当たらなくてもお得なのに驚きです。どうしても1等は当たる気はしませんが大変な金額ですね……。

●PayPay:抽選で500円相当~100万円相当プレゼント

 無条件に上乗せされるポイントはありませんが、シンプルにマイナポイントをPayPayで登録するだけで抽選の対象となります。1等100万相当(10名)、2等50000円相当(150名)、3等5000円相当(1500名)、4等500円相当(150000名)とのことです。

PayPayは日ごろのポイント還元が大きいので元々お得ですし、スマホ決済のシェアが1位ですから安定的な利用者を獲得しているでしょう。顧客へ夢をプレゼントといった風情ですね。

まとめ

 ここまで記載してきた情報は7月7日現在のものです。今後も各社の独自キャンペーンが追加される可能性はありますので、自分のライフスタイルを考えて使いやすいキャッシュレス決済手段に関してはいくつか比較して最終決定するといいですね。また、要点のみを抜粋して記載していますので、最終的に申し込む際は、各自規程や注意事項もご確認ください。1つに絞る必要があり、かつ、変更はできません。

 手続き完了は、8月31日までというルールもお忘れなく。

あなたにオススメ

「マイナポイントとキャッシュレス決済の紐付け、お得すぎるキャンペーンが続出」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。