関ジャニ∞大倉忠義の愛読書が緊急増刷も、購買層は「哲学や人生論と縁のなさそうな若い女性」?

文=wezzy編集部
【この記事のキーワード】
関ジャニ∞大倉忠義の愛読書が緊急増刷も、購買層は「哲学や人生論と縁のなさそうな若い女性」?の画像1

Johnny’s netより

 関ジャニ∞の大倉忠義が5月にテレビ番組で紹介した哲学書が、にわかに注目を集めて増刷された。だが、改訂版に付けられたメッセージが物議をかもしている。

 大倉が5月18日放送の『関ジャニ∞クロニクルF』(フジテレビ系)で紹介した本は、哲学者の芳村思風氏による『人間の格 新装改訂版』(致知出版社)。問い合わせが殺到したことで急きょ増刷したそうだ。改訂版に付け加えられた「新しい読者の皆様へ──編集部より」という挨拶文にはこのように書かれている。

<令和二年五月十八日深夜に放映されたあるテレビ番組で、本書が突如脚光を浴びました。いまを時めくアイドルグループ・関ジャニ∞メンバーの一人である大倉忠義さんが「人生で最も影響を受けた本」として本書を紹介されたのです。放映直後から弊社には注文が殺到し、緊急増刷の手配を取りました。注文をくださったのは、これまで哲学や人生論の本とはおよそ縁のなさそうな若い女性たちでした>

大倉の推薦本に村上も「いいよな!」と賛同

 まず、5月18日放送の『関ジャニ∞クロニクルF』の内容を振り返っておきたい。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、関ジャニ∞メンバーは各々の家でリモート収録を行い、「人生で最も影響を受けた本は?」というトークテーマで各自1冊ずつ本を紹介しあった。

 大倉は『人間の格』を挙げ、<自分がどういう心のもちようで人生を過ごしていくと、良き人間になっていくというかさ>と、本の内容を紹介した。すると村上信五も芳村思風氏のファンだと言い出した。村上は<思風先生な。思風先生ええよな!><思風先生はこれもおすすめですよ>と、芳村思風氏と行徳哲男氏の共著『いまこそ、感性は力』(致知出版社)をカメラの前に掲げ、<これはずいぶん前のやつですけどね。哲学ってそんなに難しくないよとかっていう(本)>と紹介したのだった。

 これを受けて関ジャニ∞ファンが芳村思風氏の著作に興味を示したのだろう。版元へ注文が殺到したようだ。書籍が手元に届いたというファンたちは、SNSに画像をUP。ここまでなら関ジャニ∞とファンの良い話で終わるが、前述した編集部メッセージが波紋を読ぶこととなった。

 わざわざ<注文をくださったのは、これまで哲学や人生論の本とはおよそ縁のなさそうな若い女性たちでした>と添えたことで、「若い」「女性」は哲学書など読まないであろうというジェンダーバイアスを表出させてしまっているからだ。

 関ジャニ∞というアイドルのファンで「若い」「女性」たちが、<哲学や人生論の本とはおよそ縁のなさそうな>存在だという決めつけは、当の女性たちへの侮辱にも等しく、知性を軽んじている。つい先日も、美術館連絡協議会と読売新聞オンラインによる企画「美術館女子」が、女性を“無知な女子”という存在に押し込め、ジェンダーバイアスを強化するとして手厳しい批判を受けているが、どちらの炎上も同根と言えるのではないだろうか。

「関ジャニ∞大倉忠義の愛読書が緊急増刷も、購買層は「哲学や人生論と縁のなさそうな若い女性」?」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。