長谷川京子のYouTube動画がセクシーすぎる? 田中みな実も心配するほどの魅力

文=田口るい
【この記事のキーワード】

 6月21日、女優の長谷川京子がYouTubeチャンネルを開設し、自宅のキッチンで料理を作る様子を公開した。

 動画の長谷川は、胸の谷間がのぞくほど深く開いたキャミソール姿で、頭にはターバンというエスニックテイストのファッション。一人で淡々と「メカジキのレモンバターソースがけ」と「アボカドのサラダ」を作った。

 お皿に盛りつけた玉ねぎの上にアボカドを置いてカットしたり、袋からいったん出したかつお節をふたたび袋に戻したりとラフな部分もあり、本当にありのままらしい調理過程をみせていた。

 この動画を見たファンからは「京子さんのYouTube、待望すぎる」「おしゃれなキッチン」と歓喜の声が上がっている一方、一部からは「その格好で料理する必要ある?」「谷間見え過ぎ」と長谷川の露出度高めの服装についての指摘も。

 長谷川の服装は確かにセクシーで素敵だったが、いわゆるお色気アピールをするためのものではなく、自分の好きなものを着ているだけだろう。インスタグラムでは個性的な柄物の洋服や大ぶりのアクセサリーなどをつけた写真を多数公開しており、今回の動画でつけていたターバンを着用しているショットもある。いわゆる“男ウケ重視”のファッションとはジャンルが異なる。

 長谷川といえば2003年のドラマ『僕だけのマドンナ』(フジテレビ系)などに出演していた頃の可愛らしく儚げなルックスのイメージが強いようで、現在の彼女について「昔の方がよかった」「迷走してる」などと一方的にジャッジする声もネット上にはある。しかし彼女は現在41歳。17年前の24歳だった頃とはルックスもファッションのセンスも変わって当然だろう。

 長谷川は近年バラエティ番組にも積極的に出演している。それに伴ってこれまで築いてきた女優としてのイメージに縛られることなく、ファッションが変化し、さらには自らを開放しているようにも見える。昨年11月に『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)に出演した際に「(結婚してからも)モテたいとは思う。陰で『好きなんだよね』って言われたい」と明かしており、MCを務める『グータンヌーボ2』(関西テレビ・フジテレビ系)でも「20代の時はいなくても無理やり、ちょっと素敵な人を探して、とりあえず誰か作っておく」「恋愛が全てでしたよ。もちろん仕事は大事だから、仕事も10、恋愛も10みたいな感じ」と独身時代はもちろん、結婚後も恋愛を意識していることを明かしていた。

 『グータンヌーボ2』では、同じくMCを務める田中みな実と西野七瀬が「彼氏に会わせるのが心配な人」として長谷川の名前を挙げていたこともある。田中いわく「男の人が魅惑的な京子さんにハマっちゃったら大変」で、西野も「いつのまにか彼が京子さんに惚れてしまうんじゃないか」と心配していた。20代や30代の彼女たちから見ても、長谷川はナチュラルな現役感を漂わせているのだろう。

「長谷川京子のYouTube動画がセクシーすぎる? 田中みな実も心配するほどの魅力」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。