マイナポイント最大5000円を確実に手に入れるための3ステップ

文=川部紀子
【この記事のキーワード】
マイナポイント最大5000円を確実に手に入れるための3ステップの画像1

生き延びるためのマネー/川部紀子

 ファイナンシャルプランナーで社会保険労務士の川部紀子です。2020年9月から始まる政府のマイナポイント事業をご存知ですか? 「マイナンバーカード取得」と「キャッシュレス決済」を条件に1人最大5000円分のポイントを取得できるというものです。

 確実にポイントを手に入れるためには、事前にやっておくべきことがあります。また、予算の上限に達した時点で終了することも公表されています。そこで今日は、マイナポイントを確実に手に入れるための3ステップを解説したいと思います。5000円分のポイントを受け取りたいという方はご確認ください。

【ステップ1】マイナンバーカードの取得(プラスチック製カードを取りに出向く)

 かつて送られてきた紙製のマイナンバー通知カードのことを、「紙のマイナンバーカード」だと勘違いしている人が後を絶ちません。ズバリ紙製のものはマイナンバーカードではありません。通知カード(紙製)はマイナポイントの対象外なので、マイナンバーカード(プラスチック製)の交付申請をする必要があります。

 通知カードのミシン目下の部分がマイナンバーカードの交付申請書です。交付申請書がない場合は、市区町村の役所・役場に電話をすると再発行してくれます。

 交付申請は郵送かオンライン、対象の証明写真機、窓口で可能です。スマホで申請する場合、QRコードを読み取るか、「マイナンバーカード 申請」などで申請サイトにアクセスしてください。サイトの指示通り、申請IDなど必要事項の入力、顔写真のアップロードなどを進めていけば数分で完了するでしょう。

 申請内容に不備がなければ、後日ハガキが届きます。「マイナンバーカードができた」というお知らせですので、そのハガキを持って役所・役場に出向きマイナンバーカードを受け取ってください。

 この一連の流れで設定したパスワードは重要ですので、必ずメモしておきましょう。

 また、家族全員分のマイナンバーカードを作っておくと人数分のポイント取得も可能になります。ポイントのためにマイナンバーカードを作成する人は、家族の分も申請するとお得です。

【ステップ2】マイナポイントの予約(マイキーIDの設定)

 気を付けていただいたいのは、ステップ1のみではマイナポイントは受け取れないという点です。

 ICチップ読み取りに対応しているスマホかPCとICカードリーダライタを用意し、「マイナポイント」のアプリかWebサイトから、マイナンバーカードの情報を読み取ります。

 指示に従い、マイキーIDの設定をしてください。最初にランダムなIDが与えられますが、後で変更可能です。

 マイキーIDの設定をすることで、マイナポイントの予約が完了します。締め切りは8月末まで。さらに、最初に書いた通り予算の上限に達した場合は打ち切ることも発表されていますので、マイナンバーカードが手元にある人は早めに手続きをしましょう。

【ステップ3】キャッシュレス決済の登録

 ステップ2までで、マイナポイントの受け取り予約は完了しているのですが、7月以降には「キャッシュレス決済の登録」が可能になります。

これは、9月以降にマイナポイントを受け取る際、どのキャッシュレス決済方法を使いたいのかを1つに絞り登録しておく作業です。現在クレジットカード、電子マネー、スマホ決済の約100の決済方法から選ぶことができます。

  選択したキャッシュレス決済で2万円分のチャージや購入を行うと、上限である5000円分のポイントが還元されるので、登録するキャッシュレス決済は、確実に2万円のチャージか購入をする方法を選んでください。

 細かなルールはまだ発表されていませんが、筆者はクレジットカードを登録しておき、スマホ決済に2万円分チャージする方法がいいのではないかと考えています。クレジットカードのポイント、マイナポイント、スマホ決済のポイントと3重にポイントを受け取ることが可能になるのでは……と目論んでいます。

 また、未成年でキャッシュレス決済の手段を持たない場合は両親のキャッシュレス決済方法を登録できることも公表されています。ただし、1つの決済方法を家族で使うことはできないので、母親がAカードの場合、子どもはBカードにする必要がある点に注意してください。

まとめ

 紙製のマイナンバー通知カードはマイナンバーカードではないこと。そしてマイナンバーカードを持っていても、予約をしなければマイナポイントはもらえないことがおわかりいただけたと思います。マイナンバーカードを受け取りに役所・役場に出向くこと以外は、さほど手間も時間もかかりません。5000円を受け取るための作業と考えるとむしろ簡単すぎると思いませんか?

 もちろん、マイナンバーカードの交付もマイナポイントの取得も任意です。ただ、「予約するつもりだったのに忘れていた!」でお得を逃すのはもったいないので、マイナポイントをもらおう、という方は今回解説した3ステップを確実にクリアしてください。

「マイナポイント最大5000円を確実に手に入れるための3ステップ」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。