平野紫耀と中島健人のドラマ『未満警察』が大炎上、BPOに訴える動きも

文=wezzy編集部
【この記事のキーワード】
平野紫耀と中島健人のドラマ『未満警察』が大炎上、BPOに訴える動きもの画像1

『未満警察 ミッドナイトランナー』(日本テレビ系)番組ホームページより

 Sexy Zone中島健人とKing & Prince平野紫耀のダブル主演によるドラマ『未満警察 ミッドナイトランナー』(日本テレビ系)の初回放送で、“のぞき”描写が物議をかもしている。

 『未満警察 ミッドナイトランナー』は、一ノ瀬次郎(平野紫耀)と本間快(中島健人)が警察官を目指して奮闘する物語だ。しかし6月27日放送の第1話で、ふたりが警察寮の向かいにあるアクアショップの2階にバスローブ姿でたたずむ風呂上がりの女性をのぞき見する演出があった。

 まず、本間がバスローブ姿の女性(真木ようこ)がいることを発見し、双眼鏡を使ってのぞき見をしているところに一ノ瀬も合流。「湯上がり美人」「人妻ちゃん」と勝手なあだ名をつけ、2時間にわたってのぞき続けていると、部屋に入ってきた男が女性を殴りつけている場面に遭遇する。

 一ノ瀬は教官に報告しようとするが、本間は<俺たちはのぞきの現行犯で逮捕だ。昨日のぞきで現行犯逮捕された新人警察官がいるってネットで見たんだよ>と制止。自分たちだけで勝手に捜査を始める。

 彼らの行動は偶然にも警察がお手上げ状態だった殺人事件の解決に寄与し、ラストシーンで本間が<それで、やはり自分たちは退学でしょうか?>とたずねるも、教官は<お前たちは3カ月間捜査が難航している事件を解決に導いた。一般人としては感謝状レベルだが、警察官としてはあり得ない。すぐに通報するべきだった。つまり、プラマイ0。ということで今回は特別に不問とする>と、のぞきを罰することはなかった。

 このドラマ演出に視聴者からはSNSで「のぞきをギャグとして使うな」「のぞきが性犯罪であるという認識がなさそう」といった批判が上がり、BPOに抗議のメールを送ったとの報告も多数ある。

 しばしばコメディタッチに扱われる「のぞき」だが、被害者にとってはトラウマにもなるような性的な暴力であり、性犯罪だ。「のぞき」という性犯罪を、警察官の卵である主人公たちが非常に軽く捉えたうえ、若い男性の娯楽として描いていること。さらに、偶然ながら「殺人事件解決に寄与した」ことを理由にいとも簡単に免責されてしまうこと。『未満警察 ミッドナイトランナー』のこうした描写に異論が上がるのはやむを得ないだろう。

 ちなみに『未満警察 ミッドナイトランナー』は、2017年公開の韓国映画『ミッドナイト・ランナー』をリメイクしたドラマだが、この「のぞき」シーンは日本のドラマオリジナルのもので原作にはなかった。

あなたにオススメ

「平野紫耀と中島健人のドラマ『未満警察』が大炎上、BPOに訴える動きも」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。