加藤紗里と炎上系YouTuberコレコレの戦いが裁判に発展? 「子供の顔写真晒された」と怒り

文=千葉佳代
【この記事のキーワード】

「ほんまに都合の良い時にだけ使ってくるでしょ。もううんざりです」
「もういい加減にしてください。訴えます」

 加藤紗里が炎上系YouTuberのコレコレに娘の顔を晒されたとして、コレコレを訴えると息巻いている。

 事の発端は、5月4日、炎上芸人とも言われる配信者・コレコレが自身のYouTubeチャンネルで生配信した『【現在炎上中】高校生社長が中高生に詐欺まがいで逃亡中…炎上中の美容系YouTuberななこ、ツイキャス生放送でガチギレ…宮迫とのコラボ裏話』という動画だった。

 加藤紗里からTwitterをブロックされていることに気付いたコレコレは、「意味わかんないんだけど。この人から絡んできてんのにさあ。謎過ぎるでしょ」と、加藤に電話。Twitterのブロックは間違いであることがわかり、コレコレが加藤の出産を「おめでとうございます」と祝福すると、加藤は「コレコレさん(出産の)お祝い待ってます」とおねだりした。その際、加藤からLINEで送られた娘の写真を、配信を続けていたコレコレがそのまま視聴者に公開したのだ。

 そして5月7日。加藤紗里は「コレコレを訴えます」という動画を公開。動画の中で加藤は、コレコレが一方的に配信中に電話をかけてきて、配信後に加藤から電話をかけてもまったく出ないことに腹を立てていると話した。子供の写真を晒されたことは、インスタやツイッターで「子供めっちゃ可愛い」と言われて気付いたとい言い、怒りをあらわにした。

 電話で抗議しようとしてもコレコレはまったく出ず、しびれを切らした加藤は深夜4時半、YouTube側に動画の削除依頼をしたという。すると5時、今まで無視し続けていたコレコレが「どうかしましたか?」とLINEしてきたそうだ。散々無視したくせに削除依頼の連絡を受けて急に応答したようだ、と加藤の怒りはさらに募った。

 しかしコレコレは、この加藤の動画さえもネタにした。5月8日『【緊急速報】現在ニュース沙汰…加藤紗里に訴えられる…カジサック大炎上中…へずまりゅうがヤクザに追われ中www』というタイトルで生配信を行い、許可なく写真を公開したことについては「ごめんなさい」と一応謝ったが、「子供の写真載せられるの嫌なら一言言えばいいじゃん」「お前から写真送って来たし。俺、子供の顔なんか見たいって一言も言ってないのに自分から送ってきてさ。めちゃめちゃ確信犯じゃない? 俺が配信中なの分かってて」と煽ったのだ。

 これを受けて加藤紗里は6月28日に新しく『【起訴】さようならコレコレさん。by加藤紗里』という動画をアップ。「あれからずっと動いてたの。内容証明を送っていたんですよ。そして10日間の猶予を与えました」と、弁護士に相談してコレコレを訴えることに決めたと話した。すると、ずっと加藤を煽っていたコレコレから即謝罪文が届いたという。加藤は動画でこれを読み上げた。

「加藤紗里さん。内容証明を読ませていただきました。加藤紗里さんのお気持ちを考えずに赤ちゃんの写真を放送内で晒してしまい、本当に申し訳ございません。また、加藤紗里さんが子供の顔を晒している動画を上げていることを取り上げた件も追って、申し訳ございませんでした。(中略)どうか、和解の方で考えて頂けないでしょうか?」

 しかし、加藤は「裏で和解を求めてきてるでしょ。これ、いけない行為なんですね。だから、これも訴状に追加させていただきました!」「加藤紗里を怒らせたらね、こうなるぞ、と。皆さんに知らしめをさせたいと思います」と、全面的に戦う姿勢を貫く意向だそうだ。怒ってはいるようだが、動画のテンションは穏やかで笑顔なので、発言内容とのギャップが激しく、見ていて不思議な気持ちになる。

 そもそも、この戦いも視聴者的には茶番である。加藤は、3月31日のコレコレのYouTubeライブに凸した際、「出産に立ち会って撮影OK」「300万円払えばYouTubeに出産動画をあげてOK」などと言っていたためだ。コレコレの「なんでもネタにする」配信スタイルは加藤も十分分かっているはずで、LINEで無加工の子供の写真を送ったことも「ネタにされると分かっていたのでは?」というわけである。お互いYouTube動画用のネタを提供しあっているだけ、と見る視聴者も多い。

 加藤は「この子は叩かれないように顔を出す気はない」と娘を守るつもりのようだが、これからもしばらくYouTubeでは加藤紗里劇場を繰り広げていきそうだ。

あなたにオススメ

「加藤紗里と炎上系YouTuberコレコレの戦いが裁判に発展? 「子供の顔写真晒された」と怒り」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。