佐藤健と錦戸亮が意味深な絡み! ドラマ出演再開への布石か

文=wezzy編集部
【この記事のキーワード】
佐藤健と錦戸亮が意味深な絡み! ドラマ出演再開への布石かの画像1

左・アミューズオフィシャルウェブサイトより/右・錦戸亮Instagramより

 佐藤健の公式YouTubeチャンネルと、錦戸亮・赤西仁のYouTubeチャンネル『NO GOOD TV』がコラボし、3人に山田孝之を加えたメンバーでオンライン人狼ゲームを楽しむ動画シリーズがそれぞれのチャンネルで続々とアップされている。その動画内での佐藤健と錦戸亮の絡みが、“意味深”だと話題だ。

 佐藤健と錦戸亮・赤西仁が一緒に人狼ゲームを楽しむのは、これが初めてではないという。佐藤は大の人狼ゲーム好きで、プライベートでもメンタリストDaiGoなどが参加する人狼ゲームの会を開いているほど。錦戸と赤西と山田も、その会に参加してゲームをしたことがあるそうだ。

 佐藤の人狼ゲームの腕前はかなりのものらしく、山田は<佐藤健の嘘の上手さエグいよ>と太鼓判を押す。その前評判通り、動画では常に佐藤がゲームをリード。会話を先導し、誰が人狼なのかを巧みに見抜いていた。本当にすごい腕前だ。

 さて、このオンライン人狼ゲームで赤西と山田は、やけに佐藤と錦戸の仲をとりもつような会話を繰り広げたうえ、電波状況の関係から赤西と山田が配信から抜け、佐藤と錦戸がふたりきりになる場面があった。

 佐藤と錦戸は人狼ゲームの会や、バラエティー番組での共演などもあり、初対面ではないものの、会話はどこかぎこちない。主な原因は錦戸の人見知りな性格にあるようだ。人狼ゲームの会のときも、人見知りであまり喋らなかった錦戸を佐藤が「みんな喋らなきゃこのゲームできないから」と叱る場面もあったという。

 そんな二人の距離は、オンライン人狼ゲームを通してようやく少し縮まったようだ。錦戸は「たけちゃん」、佐藤は「亮ちゃん」と呼び合いながらゲームを楽しむまでに急接近していた。

錦戸亮のアミューズ移籍を匂わせている?

 さて、どこか不自然な佐藤健と錦戸亮の2ショットを受け、「錦戸が佐藤の所属する事務所・アミューズへ移籍することを匂わせているのでは?」と勘繰る声が一部で上がっている。

 錦戸は2019年9月にジャニーズ事務所を退所した後すぐ、ミュージシャンとしてアルバムをリリースしツアーも行うなど、芸能活動を精力的に継続しているが、一方でもともと評判の高かった役者としての仕事はぱったりとなくなっている。ジャニーズ退所以降、テレビドラマへの出演は1本もない。錦戸自身、今年2月にはこんなツイートを投稿していた。

<HDに未だに残してある以前出ていた青春ドラマを、数日間で一気に見直しました。懐かしくもあり、大変でも充実した日々だったなぁなんて、想いに耽っていました>
<久々セリフ言いたいなって欲も出てきました。何にも気にしないで馬鹿なふりして気軽に連絡くれればいいのにな>

 テレビ局側からジャニーズ事務所への忖度があり、錦戸に役者としてのオファーが来ないことを示唆するこの投稿は波紋を呼んだ。

 ただ、芝居のオファーがないわけではないそうで、「仕事がなくなって退所を後悔している」とした週刊誌の記事にはSNSで毅然と反論。「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)2020年6月号のインタビューでは、アイドルとしては出来なかったような役にも挑戦したいため、1発目の役者仕事は吟味していると語っていた。とはいえ、そのオファーがテレビドラマなのか映画なのか舞台なのかは判然としない。

 確かにジャニーズ事務所には魅力的なタレントが大勢いるが、しかし「辞めたタレントを出すと、事務所との関係が悪くなる」という暗黙の業界ルールをこのまま温存しては不健全だ。ただ、最近では、そうした業界ルールをなくそうとするかのような動きも見え始めている。2018年に退所した今井翼だ。

 今井は大河ドラマ『麒麟がくる』(NHK)に出演。8月からも連続ドラマ『おじさんはカワイイものがお好き。』(日本テレビ系)に出演予定だ。テレビドラマへの復帰は、今井が今年4月から交流の深い片岡愛之助も在籍する松竹エンタテインメントに所属したことが背景にある。

 錦戸の場合も、大泉洋、賀来賢人、神木隆之介、佐藤健、野村周平、吉沢亮といった数々の人気役者を擁する大手芸能事務所のアミューズと提携できれば、テレビドラマ復帰の大きなきっかけとなる可能性は高い。演技派と名高い佐藤と錦戸が共演するような機会が生まれれば、話題性も抜群であることは間違いないが、果たして実現可能性はいかほどだろうか。

「佐藤健と錦戸亮が意味深な絡み! ドラマ出演再開への布石か」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。