ファーストサマーウイカ「妊娠した?」憶測にキッパリ言及「予定もないです」「軽々しく言わない方がいい」

文=wezzy編集部
【この記事のキーワード】
ファーストサマーウイカ「妊娠した?」憶測にキッパリ言及「予定もないです」「軽々しく言わない方がいい」の画像1

ファーストサマーウイカInstagramより

 多くのテレビ番組で活躍中のタレント・ファーストサマーウイカが、妊娠を憶測する声にTwitterで「とても失礼に感じます」と苦言を呈している。

 ファーストサマーウイカは7月5日、次の文章をTwitterに投稿した。

<妊娠した?とか憶測でおっしゃるのは私はとても失礼に感じます。
予定もないです。
(恥ずかしながら食事をいただいた後は胃下垂で下っ腹が出ます)

ちなみにそういった類の言葉は本人から発言が無い場合、軽々しく言わない方がいいと私は思います。
それぞれの環境がありますから。>

ファーストサマーウイカは2015年に一般男性と結婚していたことを、今年1月に公表。その際の直筆書面では、「現在妊娠はしておりません」と記していた。

<私はお仕事をさせていただく上で、一人の女性であるプライベートの自分と、ファーストサマーウイカとしての自分とを分けて考えています。おかげさまで、この1年で自分を取り巻く環境が大きく変わりました。そのため、今後どこからか自分発信ではない形で、私ごとが公になることがあるかもしれない。それならば、応援してくださる皆さまに自分の言葉でしっかりお伝えしておきたいと思い、このタイミングで発表させていただきました。ちなみに、現在妊娠はしておりません>

 妊娠や出産は非常にプライベートな事柄で、芸能人であっても詮索されれば傷つくことはある。だがしばしば、公式の妊娠発表前や安定期にも入らない時期に週刊誌などが産婦人科通院を“スクープ”してしまう。藤原紀香のように、本人が明かしていない不妊治療について書き立てられる女優もいた。

 仮に妊娠しても無事出産できる保証はなく、妊婦やその家族への配慮を欠いたフライング報道への批判はタレント側からも出ている。妻・堀北真希の妊娠を安定期前に週刊誌が報じたことを受け、山本耕史は自身のファンクラブサイトに<本来であれば安定期に入った段階で、まず会員の皆様にご報告すべきところですが、私たちの意思に反して、この時期に、そしてあのような形で報道されてしまいました>とのコメントを掲載。怒りを滲ませていた。

 最近でも上戸彩の第二子出産や、山田優の第三子に関する情報など、当事者が公表する前にメディアが伝えてしまうケースは後を絶たない。

 また、希望していても妊娠がかなわないケースや、そもそも子どもを持つことを望まないケース、夫婦間で意見が一致せず苦悩しているケースなど、様々だ。そのプライバシーに土足で踏み込んでいいモノだろうか。ファーストサマーウイカの言うように、軽々しく触れていい話題ではないものだろう。

「ファーストサマーウイカ「妊娠した?」憶測にキッパリ言及「予定もないです」「軽々しく言わない方がいい」」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。