『とくダネ』で木下優樹菜の不倫疑惑に言及「引退は週刊誌との取引では」

文=wezzy編集部
【この記事のキーワード】
『とくダネ』で木下優樹菜の不倫疑惑に言及「引退は週刊誌との取引では」の画像1

木下優樹菜Instagramより

 タレントの木下優樹菜が7月6日をもって芸能界を引退。7日朝のワイドショーではこぞって木下引退を扱った。中でも『とくダネ』(フジテレビ系)では、木下の不倫疑惑に言及。さらなるスキャンダル報道の展開を恐れて早々に引退したのではないか、との見方を示した。

 まず、木下優樹菜の所属事務所が「当社として今後同人との信頼関係を維持することが著しく困難であると判断」したという厳しいコメントを出したことに、番組コメンテーターのカズレーザーは疑問を呈し、「あまりこういう文言が事務所コメントに登場することはない。引退はご自分の意志だとは思うんですけど。こういうコメントって事務所は言う必要はないじゃないですか、でも言わざるを得ない。何らかのリスクがあったのかなと」と言及。

 また、文春オンラインが「新たなスキャンダルの火種があり事務所も守り切れない」と伝えたことや、スポニチが「木下は去年の7月、インスタに縦読みで“あいしてる”と投稿しており、不倫疑惑が出ていた」と報じたことを受けて、三浦瑠麗さんは「でもその報道って以前からありましたから、引退に関係していると思えない」と指摘した。

三浦「週刊誌報道が出るのを止めるために引退した、と読めますよね。だから取引って、こういう芸能関係ってよくあるじゃないですか。プライバシーなんで、私人のプライバシーは追わないでくださいってことでしょう」

 確かに木下の元夫である藤本敏史も、所属する吉本興業のwebサイトにて<彼女は本日をもって芸能人ではなく一般の方になります。子供や家族、近隣の方々の日常生活のためにも、報道にご配慮いただけますようお願いします>と呼びかけている。発端は自らのまいた種とはいえ、しつこく追ってくるマスコミをかわすため、木下はもはや引退せざるを得ない状況だったようだ。

 木下優樹菜と共演することも多かったハリセンボン近藤春菜は、『スッキリ』(日本テレビ系)で「子供たちのために引退したのだろう」とコメント。

近藤「優樹菜ちゃんがデビュー当時からお仕事を一緒にさせてもらっていてレギュラー番組も一緒で。活動再開してまた一緒にできるのかなと思った矢先にこういうことになってしまって。芸能人として華々しく引退するというよりは、騒動があっての引退というのがすごく残念で。もちろんタピオカ店と向き合って解決して行かなきゃいけないという前提はありますけど。急に引退というのはまず子供たちのことが一番にきての引退だったんだなって、すごく残念です」

 芸能リポーターの井上公造さんも、7月1日の活動再開発表からわずか5日後に引退となった理由について「子供を守るため」と話した。

井上「まず一番目はタピオカオーナーとの和解ができていない状態で復帰を発表したことに対する世間の反応。本人は覚悟はできていたようなんですが、テレビ見ていて同業者の方も厳しい意見が多かったのはダメージだったようで、そこらへんから事務所の人とまた話し合いをした。

 もう一つは子供を守るため。マスコミがやってきたりして子供たちの目の前で取材を受けたりすることに対する子供たちの怯えや動揺があって。そのこと、を別れたとは言え藤本さんに相談したりして、いったん引いた方がいい、子供を守ろうというアドバイスがあった」

 ただ、やはり事務所側が「信頼関係を維持できないと判断した」とわざわざ明言したところがきな臭い。井上さんは「これがなんなのか僕も関係者に取材したけれど、本人が引退するんだからこれ以上は、ということで何も聞けなかった。事務所側からするとこの問題が大きかったようだ」という。やはり木下には“私人”“一般の方”となるしかない、切迫した事情があるのかもしれない。

「『とくダネ』で木下優樹菜の不倫疑惑に言及「引退は週刊誌との取引では」」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。