梶原雄太が上沼恵美子との確執に言及 嫌われたのはコロナとYouTubeのせい?

文=wezzy編集部
【この記事のキーワード】
梶原雄太が上沼恵美子との確執に言及 嫌われたのはコロナとYouTubeのせい?の画像1

カジサック&ヨメサックInstagramより

 上沼恵美子との確執を報じられているお笑いコンビ・キングコングの梶原雄太(YouTuberカジサック)が、7月7日にTwitterを更新し、初めてこの件に言及した。梶原は6月26日放送の『快傑えみちゃんねる』(関西テレビ)で上沼からパワハラを受け、番組を降板したことが報じられている。

 梶原はTwitterに、黒沢年雄のコメントを取り上げた東スポWebの記事を引用し、<事情を知らなくて、現場にも居なくて、芸人でもないのに、、このような事を言われると非常に悲しいですね>とだけ綴った。

 黒沢年雄はどのようなコメントをしていたのか。自身も何十回と『快傑えみちゃんねる』に出演したことがあるという黒沢は、<その経験から、意見を言わせて頂きます>として、ブログに私見を綴っていた。黒沢は、上沼の番組内でのキツイ発言を受け流せなかった梶原の、芸人としての力不足を指摘している。以下に引用する。

<上沼さんの頭の回転は、想像以上に凄い。
 その、上沼恵美子さんと、キングコングの梶原君(何度も、ご一緒しています)が、番組内の事で、ゴチャゴチャしている。
 梶原君は、お笑い芸人なんだから、上沼さんに、何を言われようが、受けてたって、会話で負けたら、最後に、本気でワンワン泣いて演技したら、番組が盛り上がり、その後の上沼さんの、フォローが見事にハマり、梶原君の、芸人の素晴らしさが評価されたと思う…。
 折角の芸人としての、立場のチャンスを逃したね。
 その場を、上手く演技して、振る舞えてたら…。
 上沼さんの性格からして、益々君を、いじり倒して、今後も、君を起用したと思う。
 上沼さんと梶原君の、器の差が出たね>

 こうした黒沢の見解に、梶原は<事情を知らなくて、現場にも居なくて、芸人でもないのに>と反論したわけである。ただ一方で、どのような事情があったのか、梶原本人は明らかにしていない。

 上沼恵美子は言わずと知れた関西の“女帝”。彼女は梶原が精神的な不調で休業した後、自分の番組に引き入れて復帰への道筋をつくるなど、大変に梶原を可愛がってきた。

 しかしその寵愛は失われたようだ。「女性セブン」2020年7月16日号(小学館)によれば、レギュラーを務めていた梶原が最後に出演した6月26日放送『快傑えみちゃんねる』で上沼は、<あんたこの番組に途中から来た子やんか。最初からブッキングされた出演者ちゃうやんか><ほんまに怒ってんねんで。コロナでみんながイライラしてんねん。バラエティーやから笑かそう思って、って思ってるやろ? ちゃうで。イラついてんねん。キミに!>と、梶原に畳み掛けたという。実際の放送では当該場面がカットされ視聴者が目にすることはなかったが、現場で梶原は動揺し涙目になっていたという。

 上沼は<本番中にきついこと言うのは愛です。ただ、梶原くんの返しがものすごく下手だったの。とりあえず、もう少し力をつけるべきでしたね。これが私の感想です>と、個人的な感情によるパワハラではなく、梶原の力不足を批判。黒沢の意見も、上沼と同様の見方だと言えるだろう。

 しかし上沼のそうした発言は、芸人としての梶原への“愛”ゆえなのだろうか。上沼は寵愛する芸人にはベタベタに甘い。むしろ梶原を疎んじているからこその態度だったのではないか。

 上沼が梶原への興味を失った理由について、東スポwebでは「元はといえば、コロナ禍で自粛中、連絡をしてこなかった梶原の態度に上沼さんが怒ったのがきっかけ」と芸能関係者が説明。新型コロナウイルスの影響で自粛を強いられた期間、梶原が連絡を寄越しもしなかったことに、上沼は「礼を欠いている」と立腹したようだ。

 だとしても、舞台裏で話をすれば済むことだ。わざわざ番組収録中に叱責し、降板させるほど激昂するとは、よほど上沼はプライドを傷つけられたのだろうか。

 仮に、本当に「本番中にきついことを言われて上手に笑いに変える」ことを梶原に求めていたとしても、バカにされたり罵られたりすることを「笑いに変える」のが芸人の仕事なのかという疑問も浮かぶ。唐突に怒りをぶつけられ、<イラついてんねん。キミに!>とまで言われても、機転をきかせられなければ「力不足」などと言われてしまう。そうした笑いの構図は、果たして面白いのだろうか。

 上沼が梶原に怒りを覚えたもう一つの原因は、外出自粛期間中に関西のスタジオまで来なかった梶原がYouTuberとしての動画更新は変わらずに行っていたことだと言われている。上沼の世代のベテラン芸人にはタレントのYouTube参入に否定的な考えをもつ者も多く、そのことに怒りを覚えるのは彼女の自由だ。しかし彼女は冠番組のスタジオにおいて、まさに“女帝”であり、強い権力を持つ立場。あからさまに権力を振りかざせばパワハラの誹りを免れないのは当然のことだ。

 梶原はこの件に関してTwitterで<多くのスタッフさんが携わって下さっているので、僕から全て語る事はできないのですが>と綴っており、7月5日にキングコングのYouTubeチャンネルで更新された動画でも、<いろいろあります。でも本当にこれ以上ね僕が言ってしまうと、いろんな人を傷つけることになってしまうんですよ。すいません。これ以上は言えないんですけど>と、直接の言及は避けている。

 上沼も、先月まで梶原がレギュラーを務めていた『上沼恵美子のこころ晴天』(ABCラジオ)の6日放送回で梶原についてのコメントはなかった。双方からこの確執に関してこれ以上の発言は出ないかもしれない。ただ、現場で上沼の横暴がまかり通り、スタッフも怯えながら仕事に臨んでいるとすれば、テレビ局としてコンプライアンス問題に発展する可能性もあるのではないか。

「梶原雄太が上沼恵美子との確執に言及 嫌われたのはコロナとYouTubeのせい?」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。