手越祐也は自宅住所がバレても気にせず!? 280平米の豪邸自慢で心配される「誰に借りてるの…?」

文=千葉佳代
【この記事のキーワード】

 YouTuber手越祐也が絶好調だ。ジャニーズ事務所を退所し冗談半分で「ニート」を自称する手越だが、このたび自宅を引っ越したという。新居の部屋の広さは「280平米」で家賃は前の家の「2.5倍」。そんな豪邸をYouTubeで“ルームツアー”動画として紹介した。

 手越は「今よりもっとステップアップするため」に、敢えて家賃の高い部屋に引っ越したそうだ。一般的には家賃は収入の三分の一以下にするべきと言われているが、ムリをしてでも高い家賃に住む芸人やスポーツ選手もいる。手越もハングリー精神を失わないために、自分を追い込む計画らしい。

 ルームツアーではまず、開放的なリビングが紹介された。壁面には大きな絵が飾られ、8人掛けのダイニングテーブルが置かれている。なにより目を引くのは、全面に広がる窓だ。「めちゃくちゃ良いView。Viewは最高っすね」と手越は満足げだった。

 手越のルームツアーはとことんあけっぴろげだ。リビングのほか、客人用のゲストルーム、飲み物のストック部屋、愛犬エマ専用の部屋、仕事部屋などを紹介し、室内カラオケでボイストレーニングがしたい、ギターやサックスやDJ機材で音楽活動がしたい、トレーニング機器で家でボディトレーニングもしたい、など、広い家の中でやりたいいろんなことを語っていた。

 しかし、曇り空で外の景色はよく映っていないとはいえ、「これではマンションを簡単に特定できてしまうのでは……?」と不安になる。YouTuberの家を特定しようとする人は少なくなく、間取りや窓からの景色から住んでいる場所を割り出し、コメント欄などに書いてしまうこともよくある。

 自宅住所を特定されて引っ越したYouTuberは多く、今年3月にも田中みかんちゃんねるのみかんが家を特定されて引っ越したばかりだ。水溜まりボンドの旧家は、間取りを推測されないために、部屋と部屋の間に壁をつけて特定されないようにしていた。YouTuberはそれほど、新居の特定を恐れているものなのだ。

 予感は的中。ファンの間ではすぐさま「手越の引っ越し先は●●ではないか」とマンション名や部屋番号まで特定され、「ヤバイファンが押しかけてきたらどうするの?」と心配の声も上がっている。当の手越本人は住所バレを気にしていない様子で、「俺、部屋晒されたことあるんだよね!あっはっはっはっはー!」と、過去にキャバ嬢に自宅の中を写した動画を流出させられたことを笑い飛ばしていたが……。

 また、ジャニーズ事務所を辞めて早速YouTubeチャンネルの収益化に成功したとはいえ、これまでの2.5倍の家賃を払い続けるのはさすがに無謀。引っ越したばかりなのに備え付けのように調和した家具が置かれており、荷ほどきの様子も見受けられないことから、「誰か金持ちの住まいを借りて撮ってるのでは?」「怪しい金持ちに取り込まれてそうで心配」と懸念するファンもいる。

 自宅バレYouTuberといえばはじめしゃちょーが有名だが、はじめしゃちょーの家にはたびたび行き過ぎたファンが家を訪問しており、警察沙汰になったこともある。手越の住む豪華マンションも頑丈なセキュリティで不審者をブロックしていそうではあるが、身の安全にはくれぐれも気を付けてほしいものだ。

「手越祐也は自宅住所がバレても気にせず!? 280平米の豪邸自慢で心配される「誰に借りてるの…?」」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。