ドトールとスタバ、アイスコーヒーを徹底比較! シンプルに飲み比べてみた

文=A4studio
【この記事のキーワード】
ドトールとスタバ、アイスコーヒーを徹底比較! シンプルに飲み比べてみたの画像1

夏はアイスで!

 うだるような暑さが続くこの時期。長時間歩き回っていると、カフェに立ち寄り、アイスコーヒーを飲んで一休みしたくなりますよね……。そこで、今回は国内コーヒーチェーン界において、店舗数トップ2の「ドトールコーヒー」と「スターバックスコーヒー」のアイスコーヒーを徹底比較します!

ドトールとスタバ、アイスコーヒーを徹底比較! シンプルに飲み比べてみたの画像2

コーヒーチェーンの日本代表

 「ドトールコーヒー」は2020年5月末現在、全国に1091店舗を展開する、言わずと知れた日本のコーヒーチェーン店。値段設定がリーズナブルなので、誰でも気軽に利用できる点も大きな魅力。

ドトールとスタバ、アイスコーヒーを徹底比較! シンプルに飲み比べてみたの画像3

高品質な商品とサービスが評価される、世界的コーヒーショップ

 対して「スターバックスコーヒー」は2020年3月末現在、国内1553店舗を展開しているアメリカ生まれのコーヒーチェーン。質の高いサービスとこだわりが詰まった新商品を次々送り出し、注目が集まることも多いですよね。

 今回、比較するのはドトールの「アイスコーヒー」とスタバの「ドリップコーヒー」。

 ドトールの「アイスコーヒー」Sサイズは、アラビカ種を100%使用しているというこだわりでテイクアウトなら220円(税込/ドトール以下同)、店内飲食で224円。ちなみにMサイズはテイクアウト270円、店内飲食275円、Lサイズはテイクアウト320円、店内飲食326円です。

 スタバの「ドリップコーヒー」も負けていません。こちらも高品質なアラビカ種コーヒー豆を使用しているそうで、お値段はShort290円(税別/スタバ以下同)、Tall330円、Grande370円、Venti® ¥410円です。

 実は両者の条件ってけっこう近いんですよね。ということで比較して、それぞれの特徴を洗い出してみましょう!

ドトールの「アイスコーヒー」はまろやかで、ほんのり甘いのが特徴!

ドトールとスタバ、アイスコーヒーを徹底比較! シンプルに飲み比べてみたの画像4

テイクアウトならプラスチックのカップに入れてもらえる!

 ドトールのアイスコーヒーは、S・M・Lの3サイズ展開。今回選んだSサイズは店内飲食で224円、テイクアウトなら220円と、ドトールが販売しているドリンクのなかで最安値の商品なんです。ブラックで飲めばカロリーは9kcal。

ドトールとスタバ、アイスコーヒーを徹底比較! シンプルに飲み比べてみたの画像5

シャラシャラ……と鳴る小さめの氷が入ってます

 今回はテイクアウトを利用しました。フタを開けてみると、小さめの氷が無数に入っていました。顔を近づけてみると、クリアなコーヒーの香りが感じられます。

ドトールとスタバ、アイスコーヒーを徹底比較! シンプルに飲み比べてみたの画像6

氷が多いので、早めに飲むべし!

 ひとくち飲んでみると、ブラックで飲んでいるとは思えないまろやかな味わいでした。もちろん苦味はあるのですが、最後にはほのかな甘みが感じられるんです。酸味も強くないので、誰にとっても飲みやすい1杯だと思います。

ドトールとスタバ、アイスコーヒーを徹底比較! シンプルに飲み比べてみたの画像7

手の小さな女性も持ちやすいはず

 ちなみにカップは下に行くほど細くなるデザインなので、手にぴったりフィットします。テイクアウトで歩きながら飲みたいときには嬉しいポイントかもしれません。

スタバ「ドリップコーヒー」は深い香りとキリっとした味わいが特徴

ドトールとスタバ、アイスコーヒーを徹底比較! シンプルに飲み比べてみたの画像8

こちらもテイクアウトでいただきました

 スタバの「ドリップコーヒー」はブランドの顔ともなる定番の商品。Short、Tall、Grande、Venti®︎の4サイズ展開で、ホットでもアイスでも注文ができます。今回注文したTallサイズは330円と、スタバの割にはロープライス。ちなみに、ドトールのアイスコーヒーSサイズに比較的サイズ感が近いため、最小サイズのShortではなく、あえてTallを選びました。

ドトールとスタバ、アイスコーヒーを徹底比較! シンプルに飲み比べてみたの画像9

氷の量も多すぎない

 フタを外してみると、大きめの氷がゴロゴロと入っているのがわかりました。それと同時に、思わずため息が出るほどの深い香りが……!

ドトールとスタバ、アイスコーヒーを徹底比較! シンプルに飲み比べてみたの画像10

なんとなく、ドトールより黒色が濃い?

 さっそくいただいてみると、目が覚めるようなキリっとした味わいで驚きました! 酸味が強めで、あとから追ってきた苦味がドスンと来る。パンチの効いたコーヒーが好きな方はハマる味でしょうね。

ドトールとスタバ、アイスコーヒーを徹底比較! シンプルに飲み比べてみたの画像11

持った感じはしっかり太め

 スタバではプラスチックストローの削減を目指して、FSC®︎認定ストローを導入しているそうなのですが、ストローがポイントになっていておしゃれな印象。カップもスタバのアイコンが潔くプリントされただけのクールなデザインで、心なしか気分も上がる?

ドトールとスタバ、アイスコーヒー比較 気軽に飲みたい? 本格派を楽しみたい?

ドトールとスタバ、アイスコーヒーを徹底比較! シンプルに飲み比べてみたの画像12

いよいよ結果発表……

 スタバの「ドリップコーヒー」はTallで330円。ドトールの「アイスコーヒー」はSサイズで220円です。並べてみるとドトールの方が氷の割合が多いようにも感じられますが、一休みで飲み切るにはピッタリのサイズ感でした。

ドトールとスタバ、アイスコーヒーを徹底比較! シンプルに飲み比べてみたの画像13

スタバの方が黒く見えるのは、氷の量の関係?

 また、ドトールは安い割に十分な容量なので“コーヒーが薄いんじゃ……?”と疑ったのですが、色を見比べれみればスタバと遜色ない濃さですし、味も上記の通り。ドトールはかなりコスパが良く、カジュアルに飲むにはピッタリといえそうです。

ドトールとスタバ、アイスコーヒーを徹底比較! シンプルに飲み比べてみたの画像14

最終的にはお好きな方を選んで!

 はっとするようなコーヒーの豊かな香りと深い味わいを楽しみたい方にはスタバがオススメです。まとめてみると、ドトールはまろやかで酸味が軽め、スタバは酸味が強めでキリッと苦い。その日の気分でチョイスしてもいいですね。

あなたにオススメ

「ドトールとスタバ、アイスコーヒーを徹底比較! シンプルに飲み比べてみた」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。