木下優樹菜の「親友」も離れ…不倫や薬物報道で消えた“友情”

文=田口るい
【この記事のキーワード】
木下優樹菜の「親友」も離れ…不倫や薬物報道で消えた友情の画像1

鈴木紗理奈(左)と木下優樹菜(右)

 12日に放送された『サンデージャポン』(TBS系)で、芸能界を電撃引退し複数人との不倫疑惑が浮上している木下優樹菜について取り上げ、木下の親友としてお互いのインスタグラムに度々仲睦まじい写真を投稿していた鈴木紗理奈が「現在は疎遠」と関係を明かした。

 鈴木紗理奈は「実は去年、(木下が)自粛中の11月ぐらいに子育てのことでちょっと意見の食い違いがあって。そこから連絡を取り合っていなかった。そのまま連絡を取っていなくて、そこからこういうこと(引退)に」と木下と疎遠になっていたと告白。

 さらに「もちろん、タピオカに関しては優樹菜が悪いと思うんですけど。(不倫疑惑は)男女や夫婦のことはわからへんし、人様のことやから」としつつも、「もし連絡をくれたら、ちゃんと話し合いたいなとは思っています」と、もし木下からのアクションがあれば、今後関係性が復活する可能性はあるとも明かしていた。

 タピオカ恫喝事件が明るみになった10月、インスタに木下が投稿した謝罪へのコメント欄に「反省して、また次! みんな応援してるよーー!」とエールを送り、炎上。確かにその当時はまだ仲が良かったようだ。

 二人は大親友を公言しており、昨年8月にはインスタに「#ガチ喧嘩」として「うるせぇババア」「やんのかコラ」などと罵り合いながらお互いの胸を揉んだり、キスをしたりする動画を投稿してもいた。

 木下はかつて佐々木希とも大親友の関係だったが、SNSなどを見る限りではここ数年2人が交流している様子はない。木下の元夫の藤本敏史が出演した6月27日放送の『さんまのお笑い向上委員会』(フジテレビ系)では、木下と佐々木希が親友であるという話題を振られて「昔はそう(親友)でしたけど、わからないです。どういう付き合いになっているのか、今は」と答えていた。佐々木も佐々木で、夫の複数不倫が発覚しており大変そうだ。

 木下を「お姉ちゃん」と慕っていたのがトリンドル玲奈。2人はともに「プラチナムプロダクション」所属で(木下は引退)、トリンドルが2018年8月にインスタグラムで「優樹菜姉ちゃん!事務所に入った時からすごくお世話になっていて…綺麗で優しくてカッコいい、大好きな先輩。永遠の憧れです」と木下とのツーショットを公開したこともあるが、それ以降彼女のインスタに木下は登場していない。

 トリンドルは、木下を「信頼関係を維持することが著しく困難」と言い切っていた「プラチナムプロダクション」所属であり、事務所と木下の関係性が悪化した現在、もはや「お姉ちゃん」と慕うこともできない状況だろう。

 犯罪や不祥事などのトラブルを起こしたタレントの「友人であるタレント」は、「最近は連絡を取っていなかった」とコメントするのが定番。ともに80年代に人気アイドルとして活躍した酒井法子と工藤静香は、家族ぐるみの付き合いをしていたが、2009年に酒井が覚せい剤取締法違反で逮捕された後、工藤は「酒井と最後に会ったのは4年」と以前から疎遠になっていたと強調していた。

 一時期バラエティ番組に引っ張りだこだったGENKINGは昨年8月、親交が深かったヘアメイクアップアーティストのJunJunが麻薬取締法違反の疑いで逮捕された際、「連絡を取ってないから真実が私にはわからないけど、みんなと同じで私も悲しいです」「私仲良くしてたのは、昔でいろんな事があり、今では連絡先もわからないし疎遠なのです」と、関係が切れていると主張。お互いのSNSで度々ツーショットを投稿し、2017年にGENKINGがタイで性別適合手術を受けた際にはJunJunが現地まで付き添ってくれたとも明かしていたほど仲が良かった2人に何があったのだろうか。

 一方で、ムロツヨシは昨年2月に新井浩文が強制性交の疑いで逮捕された際、「目を見て、悪いことをした、と言ったら、思いきり、叱ります、嫌という程、叱ります、それだけです、まだ目を見てない、だから俺は普段通り、これから飲みいってくるよ、来れそうだったら連絡してな、いってくるね」とツイートし、批判が殺到して大炎上していた。

 だが今回、木下優樹菜と疎遠になっていると明かした鈴木紗理奈には「仲良かったのに都合良い」「薄っぺらい友情だったんだね」と批判が寄せられており、どう転んでも叩かれるのだからどうしようもない。一切コメントをせず、沈黙を貫くのが最も賢明な対応なのかもしれない。

あなたにオススメ

「木下優樹菜の「親友」も離れ…不倫や薬物報道で消えた“友情”」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。