「愛ライナー」アイライナーの穂先を使用した、類を見ない超極細筆ペン

文=他故壁氏
【この記事のキーワード】

「愛ライナー」アイライナーの穂先を使用した、類を見ない超極細筆ペンの画像1

 女性にとって必須とも呼べる化粧品のとして、アイライナーが上げられますよね。目のラインを黒くはっきりと描くことができて、使いやすい製品が多数発売されています。特に筆ペンタイプは細く書けてインクの出もよく、塗る際の太さもコントロールしやすいので人気の製品です。

 ところで、そのアイライナーの穂先を、筆記具メーカーが作っているのはご存知でしょうか。

 特に呉竹は、アイライナーのOEM(受託製造)メーカーとして、筆タイプやナイロンタイプなど、多種多様なアイライナーを各企業に提供しています。

 呉竹と言えば墨と筆を中心とした書道用品メーカーとして有名ですが、筆ペンはもちろん、最近はカラーペンやインクなどのバリエーションも豊富に揃えるアート&クラフトの総合メーカーとしても数々の製品を世に出しています。

 呉竹は1902年(明治35年)に綿谷商会の商号で製墨業として創業。1958年(昭和33年)には液体墨「墨滴」を開発し、1973年(昭和48年)には「くれ竹筆ぺん」を発売しました。

 呉竹の筆ペンはバリエーションが豊富です。ボディを押さずにインクが安定供給される「くれ竹完美王」シリーズ、だるま筆の毛筆をイメージしたラバーグリップつき「美文字筆ぺん」シリーズ、またスペアーインキ式のものは携帯に便利な細身のボディです。

 旧来からあるボディを押してインクを供給する「墨液くれ竹筆」や太さの異なる両頭タイプ、サインペン感覚で書けてカラーバリエーションもある「筆ごこち」や硬筆タイプ、のし袋用に筆ペンが苦手な方でも使いやすい「のし袋用」などもあります。

 それ以外にも、万年筆のような高級軸で持ち運びに便利な「万年毛筆」や、カラー筆ペンだけでも怒濤のラインナップを誇っています。

「愛ライナー」アイライナーの穂先を使用した、類を見ない超極細筆ペンの画像2

 そんな豊富な呉竹筆ペンの中でも、今回の新製品は特に異彩を放っております。その名は「愛ライナー」。アイライナーに使用されている穂先を使用した、過去にない超極細の筆ペンです。

「愛ライナー」アイライナーの穂先を使用した、類を見ない超極細筆ペンの画像3

 穂先は市販の筆ペン中もっとも細いのではないでしょうか。同社の完美王シリーズには極細が用意されていますが、それに較べても細いです。まさに超極細の名にふさわしい細さを誇ります。

「愛ライナー」アイライナーの穂先を使用した、類を見ない超極細筆ペンの画像4

 それでいて穂先の腰は強く、コントロール性能は抜群です。筆ペンですから力を入れず書くのが基本となりますが、力を抜いて軽く書けば超極細の線が、やや力を込めて書けば従来の極細筆ペンに匹敵する筆文字がするりと書け、それでいてその穂先は潰れず力を抜けばまた復元されます。わたしはまだ慣れていないので上手に引けませんでしたが、0.3ミリのゲルインクボールペンに匹敵する超極細の線を書くことが可能です。

「愛ライナー」アイライナーの穂先を使用した、類を見ない超極細筆ペンの画像5

 本製品は文字を書くのはもちろん、細かな部分を描いたり塗ったりといったアート部門での使用を特に推奨しており、この穂先のコントロールが描かれる絵の繊細な部分を担うことは間違いありません。

 インクは、乾くと耐水性の出る水性顔料インクを使用。水性マーカーやアルコールマーカーで線が溶けてしまうことはありません。線は黒々としており、細かな線もはっきりと視認することができます。葉書に使用する際にも、雨に濡れても滲みませんから安心ですね。

 本体は直液式を採用しています。中綿に染み込ませたインクではなく、液体のインクが直接内部タンクに格納されています。これにより安定的にインクを供給できますので、濃くてかすれのない筆跡を保証しています。インク充填量は約0.6ミリリットルで、残念ながら使い切りの製品ですが、穂先の消耗を考えれば妥当な部分ではあります。

 化粧品ではありませんので、本製品でアイラインを引くことはおやめください。また、穂先が細く繊細ですので、キャップを閉める際に穂先がキャップに当たっていないか、曲げてしまわないかにご注意願います。

「愛ライナー」アイライナーの穂先を使用した、類を見ない超極細筆ペンの画像6

 イラストを描かれる方、レタリングを趣味とされる方にはぜひ一度お使いいただきたい製品です。また小型で細身の軸を採用していますので持ち運びも邪魔になりませんので、普段はさほど必要はないけどいざという時に筆ペンがないと困った経験がある方にもお薦めいたします。

 超極細筆ペンの世界へようこそ!

(他故壁氏)

「「愛ライナー」アイライナーの穂先を使用した、類を見ない超極細筆ペン」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。