梶原雄太が「上沼恵美子さんはすごい」と力説 カジサック流「YouTubeで売れる秘訣」とは

文=千葉佳代
【この記事のキーワード】

 上沼恵美子にブチ切れられて話題の梶原雄太だが、YouTuberカジサックとしては相変わらず絶好調だ。先頃、アンジャッシュの児嶋一哉のYouTubeチャンネル『児嶋だよ!』にカジサックが登場し、これからYouTubeでの人気を伸ばす方法を伝授した。

 カジサックがYouTuberデビューしたのは2018年10月1日。「2019年末までにチャンネル登録者数が100万人を超えなかったら、芸人を引退します」と宣言して話題になった。芸能人YouTuberの先駆けとなったカジサックの1本目の動画は、高評価600に対し悪い評価3万。激しい逆風が吹いていたが、見事に100万人の壁を突破し、今ではチャンネル登録者数205万人を達成した。

 そんなカジサックから児嶋へのアドバイスは3つ。

1)カメラ目線は絶対!

 テレビとYouTubeの大きな違いは、「視聴者との距離感」だとカジサックは力説。目線を外してしまうと、距離感が遠くなってしまうので、話の要所要所でカメラ目線で言葉を投げかけるのが必須だそうだ。カジサックは「皆さんどう思います?」とカメラ目線で問いかけるという。この技は、とんねるずもよく使ってきた手法なのだそう。

2)生配信をやったほうがいい

 視聴者からのコメントにはすべてツッコんでいくくらいの姿勢が大事だという。真面目な児嶋が「(生配信は)1時間くらい?」とカジサックに聞くと、「渡辺直美さんは8時間とか9時間やっていましたよ」。想像を上回る長さだが、渡辺直美は途中、寝ながらも配信していたそうだ。そのように芸能人の「素」が見られる生配信も人気だという。

3)テレビに出ている時よりもYouTubeチャンネルに出ている時の方が面白いこと

 「(YouTubeでは)児嶋さんのこんなところが見れるんだ」と視聴者が発見することも大切。YouTubeの良いところは、なんでも動画に出来るところだとカジサックは説明。「もうみなさん知っているから言わなくていいやじゃなくて、グッズを発売するってなったとしたら、グッズを発売するにあたっての過程をストーリー仕立てで見せるとか。細かなことまでお見せできる」。児嶋も納得し、「珍しい仕事に行った時にはカメラを回しておいてその舞台裏も見せようかな」と頷いていた。

 このようにYouTubeスペシャリストになったカジサックだが、芸人・梶原雄太としてはピンチでもある。関西の女帝・上沼恵美子の逆鱗に触れ、レギュラー出演していた『怪傑えみちゃんねる』(関西テレビ)と『上沼恵美子のこころ晴天』(ABCラジオ)を降板。コロナ禍で上沼恵美子へのマメな連絡を怠り、YouTubeにうつつを抜かしていたことで上沼は傷心らしいが、カジサックは上沼への尊敬を口にしていた。

 カジサックはテレビ界のスターとして上沼の名前をあげ、「上沼恵美子さんはいまだにカメラ目線で主婦の皆さんとかに『どう思います、これ~』とか言うんですけど、やっぱり上沼恵美子さんのファンってすごい多いですし、距離感が近いってそういうことかな」と、YouTuberの極意にも通じるところがあると話していた。

 一時期は、上沼に「あなたは絶対売れる」と太鼓判を押され、溺愛されていたカジサック、いや梶原雄太。この動画を通してカジサックは「YouTuberカジサックとしても、僕は上沼さんを尊敬しています」とメッセージを送ったようにも見えるが……ただ、YouTubeでの言葉は、上沼に届くのだろうか。

あなたにオススメ

「梶原雄太が「上沼恵美子さんはすごい」と力説 カジサック流「YouTubeで売れる秘訣」とは」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。