佐藤健が「神木隆之介の好きなところ」をリスペクトと愛情たっぷりに回答!

文=wezzy編集部
【この記事のキーワード】
佐藤健が「神木隆之介の好きなところ」をリスペクトと愛情たっぷりに回答!の画像1

左・佐藤健オフィシャルサイトより/右・アミューズ公式サイトより

 佐藤健は神木隆之介に対して心の底から尊敬の念を抱いているようだ。

 7月14日、佐藤健公式YouTubeチャンネルで更新された動画の中に「神木隆之介さんの好きなところを3つあげてください」という質問に答える一幕があったのだが、そこで佐藤は愛情たっぷりに神木の良いところを次々とあげていった。

<すごいオタクなところですね。ひとつのものに凝る人っていうのは僕は好きですね>
<神木は10代の頃から知っているんですけど、10代の頃に『神木が20代後半とかになったらこのままで大丈夫なのかな』と思っていたんです。でも、いざなってみると全然大丈夫なところ。(27歳のいまでも)変わってない。天性の弟キャラというか、後輩キャラというか、甘え上手みたいな。ずっと変わらないんだなと思いましたね>
<ふたりで話すときは意外となんでもぶっちゃけてくれるところ。(芸能界は)秘密にしがちな世界じゃないですか? でも、やつはけっこうぶっちゃけてくれますね。そこも好きです>

 佐藤は神木の天真爛漫で、裏表のない優しい人柄に惹かれているようだ。実に細かいところまで見ており、愛情の深さを感じさせる回答である。

佐藤健は神木隆之介にだけ「ツンデレ」?

 佐藤と神木は同じ事務所・アミューズに所属。年齢は31歳の佐藤の方が年上だが、芸歴は子役として活躍していた神木の方が上という間柄だ。

 そんなふたりは、以前から大の仲良しとして知られている。公の場でイチャイチャすることもあった。たとえば、2019年にサマージャンボ宝くじのイベントにふたりが出演したときのこと。

 このとき、司会者から出された「7億円でプレゼントしたいものは?」という質問に、神木は「佐藤健にマンションをプレゼントし、いつでも会いに行けるように合鍵をもらう」と答え、佐藤は神木の欲しがっているものを把握したうえで「プラネタリウムを買ってあげたい」と回答していた。

 佐藤の神木への思いは深く、七夕の短冊には「神木に美味しいものを食べさせたい」と書き、「花火大会を主催して神木を連れて行きたい」とまで話していた。

 だが、ここ最近の佐藤は神木への「塩対応」が目立っていた。

 佐藤のYouTubeチャンネルでは、3月から5月にかけてドライブ旅行企画「TAKERU NO DRIVE」を配信。家に引きこもりがちだという佐藤のために同じ事務所(アミューズ)の俳優仲間である神木、桜田通、渡邊圭祐の3人が千葉までのドライブ旅をプレゼントする企画で、そのプロデュースを担当したのは神木だった。だが、甲斐甲斐しく世話を焼く神木に、なぜか佐藤はツンとした態度で接し続け、“デレ”な空気は微塵も見せなかったのだ。

 それなのに神木は終始ニコニコ。佐藤に尽くすことに喜びを感じている様子だった。佐藤は表向きツンとしていても、心の底では神木のことを深く思っているとわかっていたからだろうか。今後のふたりがどう愛情を深めていくのか、これからも注目である。

「佐藤健が「神木隆之介の好きなところ」をリスペクトと愛情たっぷりに回答!」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。