キンプリ岸優太への“いじり”が物議 免許証にシール、多量のわさびケーキを食べさせる

文=wezzy編集部
【この記事のキーワード】
キンプリ岸優太へのいじりが物議 免許証にシール、多量のわさびケーキを食べさせるの画像1

King & Prince公式サイトより

 King & Prince(以下、キンプリ)メンバーの岸優太に対しての“いじり”が物議を醸している。

 きっかけは先月22日、ジャニーズ有料公式サイト「Johnny’s web」で岸が更新したブログ。『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)の空き時間に、メンバーによって免許証やお札といった自身の持ち物にシールが貼られた、との内容が綴られていた。

 このエピソードによって、ネット上ではメンバー間の不仲やいじめといった疑惑も浮上しているが、不仲ゆえの出来事というのは考えづらい。

 キンプリはプライベートでも食事や遊びに出かけるほどメンバー仲が良いことで知られている。一方で、岸はメンバー内でも「いじられキャラ」であり、メンバーにとって岸へのいじりは愛情表現のひとつになっているのだろう。岸もシールを貼られたことを笑い話として自らブログに書いており、“いじめ”ではなさそうだ。

 しかし、たとえそれらが彼らにとっては遊びの一環でも、“岸いじり”は「岸くんが可哀想になる」と、ファンの間で度々物議をかもしてきた。

岸優太へのドッキリ企画に「酷い」の声続出

 たとえば、2017年発売のアイドル誌「Myojo」(集英社)では、コンサートの打ち上げで、岩橋玄樹、神宮寺勇太、平野紫耀の3人が岸に頭から炭酸飲料をかけて遊んでいたとのエピソードが明かされており、ファンからは「やり過ぎ」との意見が出た。なお、最終的に全員で炭酸飲料を浴び、一緒にお風呂に入ったそうだ。

 中でも多数の賛否が噴出したのは、シングル曲『Memorial』のDVD特典に収録された、岸へのドッキリ企画だ。DVD内では「リーダー度調査」と題して、岸におならの罪をなすりつける、岸の苦手なグリンピースを食べさせようとする、過度な量のわさびが入ったケーキを岸に食べさせるなどのドッキリが仕掛けられていた。

 これに対して、「メンバーの仲が良くて面白い」「怒らない岸くんがもっと好きになった」と好意的な意見がある一方、「いじりが酷すぎて気分が悪くなった」「もっと愛を感じられるドッキリにしてほしい」との批判も続出。また、「岸くんいじめとけば笑いが取れると思っているメンバーに危機感を感じる」といった辛辣な声も見られ、賛否を巻き起こした。

 キンプリメのンバーが深い絆で結ばれていることは、今までの彼らを見ていればわかる。だからこそ、誰かをからかって笑う姿ではなく、もっと素直にメンバーを尊重し合う姿を見たいというのが、ファンの願いではなかろうか。

あなたにオススメ

「キンプリ岸優太への“いじり”が物議 免許証にシール、多量のわさびケーキを食べさせる」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。