三浦春馬さん「本当によくない時期」乗り越えたが…小栗旬が口にしていた「ちゃんと生きててほしい」

文=田口るい
【この記事のキーワード】
三浦春馬さん「本当によくない時期」乗り越えたが…小栗旬が口にしていた「ちゃんと生きててほしい」の画像1

三浦春馬Instagramより

 俳優の三浦春馬さんの急死が、計り知れない悲しみをもたらしている。30歳という若さで、自殺とみられる形で亡くなった三浦さんを偲んで、女優の高畑充希、戸田恵梨香、川島海荷、俳優の風間俊介、西川貴教、小手伸也など、さまざまな芸能人がSNSなどでコメントを寄せており、いかに生前の彼が多くの人々に愛されていたのかがよくわかる。

 そんな中、三浦さんと小栗旬が一緒に受けていた、2018年公開の映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』のインタビューでの発言が注目を集めている。インタビューでは同映画の制作秘話の他、10年以上の付き合いがあるという2人の関係性についても言及。

 そこで三浦さんは、小栗に憧れていると明かしつつ「自分が本当によくない時期に、誰よりも早く電話をくれて、『おいでよ』って言ってくれたのは旬さんだけなんですよね。行動してくれる人もなかなかいない中、僕のことを気にかけてくれる」と発言していた。

 一方の小栗も、三浦さんについて「やっぱり気になる存在ですよね。心配するときもあるし、ちゃんと生きててほしいなって思います(笑)」「僕からすると年下の俳優の中でも、春馬はちょっと危なっかしい存在だなって(笑)。我も強いし、変な意味で馴れ合うのも好きじゃないから、自分のスタンスでいいんだけど」とコメントしており、以前から精神的に不安定な脆さを抱える三浦さんを気にかけていたようだ。

 1997年にNHK朝の連続テレビ小説『あぐり』で子役としてデビュー後、派手なスキャンダルもなく好青年のイメージが強かった三浦さん。訃報を伝えるメディアも一様に「ストイック」「真面目すぎた」とその性格を形容する。ただ、三浦さんが「ツライ時期に声をかけてくれた人は旬さんだけだった」と話しているところから考えると、ツライことがあっても表に出さないタイプだったのかもしれない。

 三浦さんは2019年3月、主演作『連続ドラマW 東野圭吾 「ダイイング・アイ」』(WOWOW)のインタビューでも、小栗とのエピソードを明かしている。過去には“尖っていた時期”があったという三浦さんは「この間、小栗(旬)さんにまた言われました。ある友人に僕の話をするときに『春馬がね~、一時の俺みたいに、すごく尖ろうとしていた時があってさ』みたいな(笑)。そういう時期があったみたいです(笑)」とコメントし、その当時の自分について以下のように振り返っている。

「尖ったというか、気が大きくなっていたんでしょうね。『そんなことをしても、別にそこから得るものって何もなかったよ』って言いたい。何もなかった(笑)。恥ずかしいことしかなかったですね。喧嘩してみたりとか。周りの人に迷惑かけてみたりとか。お酒を飲んでたりということしかなかったです。今でも酔っ払いますけど(笑)。良いものって、生まれないのかも。破壊的な感情からは」

 尖っていた時期を経て、すっかり落ち着いていたように見えた三浦さん。インタビューでの発言からにじみ出る、ポジティブで穏やかな姿勢は、俳優としても、人間としても魅力的だった。

 昨年9月に公開された主演映画『アイネクライネナハトムジーク』のインタビューでは、同映画が10年の時を超えてつながるラブストーリーであることにちなんで、10年後の自身について「10年後って、40歳目前ですよね。自分がそうしてもらったように、後輩に何かを引き継いでいきたいです。僕自身が先輩から教わったこと、メソッドや考え方、僕が伝えられることの中に後輩にとって必要なものがあれば受け取ってほしいし、そういうことができる自分でいたいと思います。俳優として、そうやって仕事をしていきたいですね」と前向きに語っており、死に急ぐ理由などなかったようにも思える。

 しかし人の心は揺れ動く。芸能人という立場上、俳優としての想いとプライベートな本音が一致せず悩むこともあるだろう。三浦さんの身に何があり、彼が何を思っていたのかは、当人しか知り得ない。10年後もステージで活躍する三浦さんがみられなくなったことは残念でならないが、その背中から多くのことを学び、受け取った後輩たちはすでにいるはずだ。

あなたにオススメ

「三浦春馬さん「本当によくない時期」乗り越えたが…小栗旬が口にしていた「ちゃんと生きててほしい」」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。