大手企業の正社員になった一般男性が、「劣等感を抱かなくて済むポジション」のためにしていること

文=清田隆之
【この記事のキーワード】

劣等感を抱かないポジションにいたい

 P社で正社員として働き始めたのは32歳のときだったんですが、その2年前、30歳の年末に、それまで7年半付き合ったエミちゃんにフラれるという出来事がありました。詳細は後述しますが、イマイチ納得できない別れ方だったのもあり、失恋のショックを吹っ切ることが全然できていなかった。仕事ではこれまで人や環境に恵まれ、信じられないくらい順調にステップアップしてきた感がありましたが、プライベートでは底が抜けてしまったというか、思い出しては苦しみや怒りに支配されるという不安定な時間を過ごしていました。

 ちょうどP社に移籍してすぐくらいのとき、めちゃくちゃキツめの先輩に当たってしまい、毎日ガミガミ怒られるようになって会社に行くのが苦痛になった時期がありました。でも仕事は忙しいし、結果を残さなきゃというプレッシャーもあって、会社に行って帰って寝るだけの繰り返しでは段々メンタルが保たなくなってきて。それでストレス解消のため、近所のジムでキックボクシングを習うようになったんです。フラれたあとに太りたくないという謎の意地もあったと思います。サンドバッグを殴ったり蹴ったりしてるときは仕事のことを忘れられるし、失恋による行き場のない気持ちを発散できる感じもあり、どんどんキックボクシングにハマっていきました。ジムでの練習だけでなく自主トレもするようになり、技術を伸ばすためのフォームや体重移動の研究までし始め、しまいにはアマチュアの大会に出るようにまでなりました。

 元から凝り性なところがあって、例えば日雇いバイト時代には狂ったようにフットサルをしていました。小さい頃からサッカーをやっていたので好きは好きだったんですが、フットサルを純粋に楽しんでいたかと言うとそうではなくて、必死になってハマり込んでいたのは、「人よりも実力が下の状態でいたくない」という思いが原動力になっていたからなんですね。

 より厳密には、「集団の中で劣等感を抱かないポジションにつけた上で、まわりと対等に話したい、余裕を持って接したい」という感じになるでしょうか。フットサルって基本的にはチームスポーツなんですが、僕が通っていたのは「個サル(個人参加のフットサル)」と呼ばれる形式で、その日集まったメンバーでプレーするというもの。そこではヘタな人って周囲からの扱いが悪くなるんですよ。パスも来ないし、終わったあとの会話とかにも入れない。自分がそういう状態になるのが怖いというのと、誰かが露骨な排除を受けているのを見るのも嫌だったので、そのためには上手くなって一目置かれる存在になるしかなかった。いいプレーをしてチームに貢献した上で、ヘタな人にも「さっきのナイスプレーでした」とか声をかけて話しやすい雰囲気を作るっていう。それをするために必死で練習していた部分が大きい。

 自分に価値がないって思うのが怖いんですよね。そのために頑張って努力する。仕事での人間関係も同じで、例のキツめの先輩もそうだったんですが、嫌いな人や苦手な人に当たると、本心では口もききたくないくらいの気持ちなんですが、そういう状態で悩み続けても病んでしまうので、相手のことを好きになる努力をするんですよ。あえて自分から話しかけにいったり、相手から言われた意見を積極的に取り入れていったり。そうすると自己洗脳されるというか徐々に苦手意識が薄れていき、「それいいっすね!」とか素直にアドバイスを聞き入れるものだから相手も少しずつこちらのことを好きになってくれ、結果的に仲良くなれたりするんですよ。

 人間、結構適当にできてるなって思いますよね。基本的には自分が生きやすくなるための術としてやっていることですが、同時に他の人に対するマウンティングっぽい部分もあるかもしれません。「俺はここまでできちゃうぜ」みたいな。キックボクシングにも似たようなところがあって、身体が引き締まってきて、大会でも好成績を残せるようになってくると、会社の人たちから一目置かれるようになってきて。趣味で筋トレをやってる人が多くて、イメージが伝わりやすかったのもあると思います。Facebookでたくさん「いいね!」をもらえるようになり、その感じが気持ちよくてどんどんハマっていきました。

 格闘技って「努力のコスパがいい」と言ったらあざといですが、頑張れば頑張るほど成長するし、キツそうなイメージがあるのか、試合に勝つとやたら「すごいね」って言ってもらえるんですよ。ちゃんとクラス分けもされているので自分に合わせたステップアップもできます。試合の様子がYouTubeにアップされてみんなに観てもらえるのも励みになり、どんどんのめり込んでいって最終的にはアマチュア選手の中では権威ある大会に出場できるまでになりました。会社でもちょっとした話題になり、偉い方たちにも顔を覚えてもらえるようになった。これってサラリーマンにとってすごく有利なことで、仕事がグッとやりやすくなったんです。しかも、たまたまP社は社員の課外活動を応援しようという制度があり、大会のために有給もすんなり取れたし、知らない女性社員から声もかけてもらえるようになって(笑)。仕事後に一緒にトレーニングするサークルなんかもできて、社内ではすっかり「キックボクシングの進藤」というイメージで見られるようになりました。

▼次回、後編へ続きます

(※本稿の初出は『yomyom vol.62』(新潮社)です)

1 2 3 4

「大手企業の正社員になった一般男性が、「劣等感を抱かなくて済むポジション」のためにしていること」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。