YouTuberパパラピーズがコロナ禍の大学で「隠れ鬼ごっこ」し炎上 大学側と事務所の説明に食い違いも

文=千葉佳代
【この記事のキーワード】
YouTuberパパラピーズがコロナ禍の大学で「隠れ鬼ごっこ」し炎上 大学側と事務所の説明に食い違いもの画像1

パパラピーズTwitterより

 10代~20代の若者に大人気のYouTuber・パパラピーズの出した「隠れ鬼ごっこ」動画に批判が噴出。動画は現在削除されており、パパラピーズが謝罪したほか、パパラピーズの所属事務所GROVEと、撮影場所を貸した清泉女子大学が謝罪文を出す事態に発展している。

 問題となったのは、パパラピーズが7月24日に公開した『大学を貸し切って2人で隠れ鬼ごっこやってみたwww』という動画だ。タナカガが、鬼役のじんじんから逃げながら複数のミッションをこなすという企画で、映画『ぐらんぶる』(2020年8月7日公開)のPR動画になる予定だった。

 この動画が公開されると、舞台となった清泉女子大学の生徒と思われる人から疑問のコメントがついた。

「これ私の大学だ…。おふたりが悪いっていうわけでも、批判したい!ってわけでもないのですが、維持費や設備費を払っていながら泣く泣くオンライン授業を受け、大学に通いたくても通えない身からするとなんか悲しくなります。まぁ確実に大学が悪いんですけどね…」

 清泉女子大学は現在、新型コロナウイルスの影響で在学生も入構に制限がかかっている。多くの大学同様、キャンパスで講義を受けたり友人と時間を過ごしたくとも、できない状況が続いているのだ。それゆえ、大学に通えないたくさんの学生たちから批判の声が噴出した。

 じんじんが酒瓶を持ってタナカガを追いかけるという内容も、学生たちの神経を逆撫でしたようで、「入構を禁じられている大学でわざわざやること?」「こっちは学費払って入れない状態が続いているのに……」と手厳しく非難されている。

 パパラピーズは25日にSNSを通じて謝罪し、26日には動画を削除する対応をとった。抗議のメールが相次いだという清泉女子大学も、26日に謝罪文を出している。

 大学側の謝罪文によると、大学構内での動画撮影については、「本学のイメージを損なわない」ことを条件に使用を許可。ただ、完成版を公開前にチェックするはずだったが、代理店からの連絡不足により事前確認ができないままに動画が公開されてしまったと説明している。大学に来たくても来られず、自宅学習を余儀なくされている学生たちに配慮が足らなかった、と陳謝した。

 一方、パパラピーズの所属するGROVEは、「大学関係者様には予め企画内容を確認」してもらったと説明、また撮影についても「大学関係者様も常時ではないものの撮影工程の半分程度にはお立会い頂いておりました」としており、食い違いが生じている。

 現在、パパラピーズの2人のTwitterアカウントには批判のほか、応援コメントも多数ついている。2人合わせてそのコメント数は500件以上だ。パパラビーズは、「Z総研が選ぶ2020上半期トレンドランキング」でYouTuber部門1位を獲得している。若者が大注目しているチャンネルだからこそ、今後の動画制作は慎重にならざるを得ないだろう。

「YouTuberパパラピーズがコロナ禍の大学で「隠れ鬼ごっこ」し炎上 大学側と事務所の説明に食い違いも」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。