浜崎あゆみの名曲生んだD・A・Iが覚せい剤で逮捕、松浦勝人会長は「歌姫もシャブ」と…絶えぬエイベックス違法薬物報道

文=中崎亜衣
【この記事のキーワード】

 また、昨年11月にはエイベックス所属の沢尻エリカが合成麻薬・MDMAを所持していたとして、麻薬取締法違反の疑いで警視庁に逮捕されている。沢尻は「10年以上前から違法薬物を使用していた」と供述。今年2月に懲役1年6カ月・執行猶予3年の有罪判決を受けた。

 沢尻がエイベックスと業務提携契約を締結したのは2011年。それ以前から違法薬物に手を出していたことになるが、彼女の離婚と事務所移籍が騒動となった時期、「週刊文春」(文藝春秋)は沢尻の大麻常用をスクープ。さらに元夫の高城剛氏は同誌に、「沢尻の薬物依存は周知の事実」「大麻だけでなくエクスタシー(MDMA)なども使用していた」と証言した上で、松浦氏が沢尻を「ドラッグならいつでも用意できる」と唆し、「タバコでも大麻でもないハーブ」を二人で吸ったと聞いたとも話していた。

 ちなみに「文春」は2013年夏にも、松浦氏の違法薬物常習について特集を組み、大麻とコカイン、MDMA(合成麻薬)などを調達していると報じていた。

 エイベックスは東証一部上場企業であり、こうした疑惑について説明責任を問う声もあるが、同社にとって功労者である長尾容疑者の逮捕を受けても沈黙を貫くのだろうか。

1 2

「浜崎あゆみの名曲生んだD・A・Iが覚せい剤で逮捕、松浦勝人会長は「歌姫もシャブ」と…絶えぬエイベックス違法薬物報道」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。