へずまりゅう両親「殺されるかも」と嘆き コロナ感染で噴き上がった迷惑系YouTuberへの不快感

文=wezzy編集部
【この記事のキーワード】

潜在的な“迷惑系YouTuberへの不快感”

 こうして日本全国がへずまりゅうに怒りの目を向け、両親までメディアに引きずり出される事態となったが、いささか叩きすぎの感は否めない。そもそもの逮捕容疑は販売している切り身の魚を食べたという窃盗。仮に彼が新型コロナウイルスに感染していなければここまで叩かれはしなかったかもしれない。

 また、マスクをしていなかった彼が感染を自覚していたか、そして感染を拡大させようという意図を持っていたかどうかは不明だ。彼のそれまでの愚行を遡って批判する背景には、それまで潜在的にあった“迷惑系YouTuberへの不快感”が本件をきっかけに噴出したこと、そして実は多くの人の心の奥底に存在する“自粛警察マインド”の表出があるのだろう。

 母親による「私ら夫婦は殺されるかもしれん」という発言は曖昧で、誰に殺されるかは明示していないものの、文脈から見れば「近所に・社会的に抹殺される」という意図と取れる。つまり母親は「親の顔に泥を塗るようなことをされ、生活しづらい」と訴えていると解釈できる。自分たちの保身のために取材を受けたように見えなくもない。

 へずまりゅうが逮捕されるまで過激な行動を繰り返し、迷惑系YouTuberとして活動していた理由はよくわからないが、少なくとも「目立ちたい」という動機はあるだろう。そこにはビジネスチャンスもある。こうした迷惑行為を面白がり、彼の動画を閲覧するユーザーは、想像以上に多くいる。炎上自体もエンタメコンテンツとして成立してしまっている。閲覧者から飽きられないためには、迷惑行為をエスカレートさせるしかない。彼がこうした愚行を繰り広げることを面白がる者がいたからこそ起きた騒動ともいえる。

 かたや、YouTubeも迷惑系アカウントに対して凍結や収益無効化など様々な策を講じている。かつてニコ動に生息していた迷惑系動画配信者たちはYouTubeに生息するようになり、他の動画配信プラットフォームにも派生している。YouTubeが厳しくなれば、また別の配信サービスに移るだけのことだ。需要がある以上、「目立ちたい」配信者は次々と現れて同じようなことをするだろう。

1 2

「へずまりゅう両親「殺されるかも」と嘆き コロナ感染で噴き上がった迷惑系YouTuberへの不快感」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。