小倉優子「想定外の気の強さ」は別居・離婚騒動になっても仕方ないのか?

文=田口るい
【この記事のキーワード】

 また、前夫の不倫にキレるのは裏切られた妻として当然のリアクションだし、つわりがツライことを理解してくれない夫に感情的になってしまうのもままあることだ。小倉は気が強いというよりは、自分の言いたいことを言っているだけではないだろうか。長男と次男をつれて夫と再婚したステップファミリーであるからこそ、夫と腹を割って話し合いたいという気持ちもあったかもしれない。

 ただ、夫婦であっても相手を傷つけないための言葉選びは必要であり、感情的になってしまったらきちんと謝罪することも必要だ。小倉もそれを理解しているからこそ、別居報道後のインスタグラムでは「報道された内容には事実と異なることもありますが、夫を支える妻として私の至らない点がありました」と自身にも悪い部分があったと説明し、第三子出産を発表したインスタグラムでも「主人からの思い遣りに感謝しつつ過ごしておりますので、どうか温かく見守ってください」と感謝の気持ちを込めているとも考えられる。

 そんなふうに小倉が歩み寄ろうとする姿勢が、夫に伝わっているのかはわからない。彼女は第三子を出産したばかりで、心身ともにパートナーの支えが必要な時期だろうが、夫は夫で譲れないことや言い分があるのかもしれない。小倉と夫、そして子どもたちにとって最善の選択ができるといいのだが……。

1 2

「小倉優子「想定外の気の強さ」は別居・離婚騒動になっても仕方ないのか?」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。