石田純一と東尾理子がコロナ離婚危機 「三密でも行く」浮気飲み会報道

文=wezzy編集部
【この記事のキーワード】
石田純一と東尾理子がコロナ離婚危機 「三密でも行く」浮気飲み会報道の画像1

GettyImagesより(Sports Nippon)

 タレントの石田純一が「もう仕事がまったくない」と困窮状態を明かして数日。週刊誌は、そんな石田が7月19日から22日まで福岡県に滞在し、飲み会とゴルフに参加していたと報じた。

 石田は今年4月の緊急事態宣言下、経営する飲食店のある沖縄県へ行き、帰京後に新型コロナウイルスに感染していたことが発覚。1カ月にわたり入院したが幸いにも回復した。しかしゴルフ場での感染が疑われたこと、また退院後に西麻布のイタリア料理店で会食を開いていたことが発覚すると、軽率だとして多くの批判が集まった。

 一連の騒動からレギュラー番組であった『石田純一のサンデーゴルフ』(テレビ東京系)は放送打ち切りに。石田本人は「バッシングのせいで仕事を失った」と嘆いているという。

 新型コロナウイルスに感染した患者への中傷はあってはならないことだ。だが一方で石田に関してはもはや“芸能人”という枠組みでの活躍が困難なほどに、世間の嫌悪感が集中している。度重なる女性を伴う会食・泥酔報道がその理由だ。

 「週刊女性」8月18日・25日号(主婦と生活社)によれば、石田は7月19日から22日にかけて福岡県で仕事。広告代理店の男性A氏が斡旋する仕事の打ち合わせのため福岡を訪問したそうだが、地元の女性らを集めた宴会にも参加し、石田は25歳の女性と飲み会中から密着して手を繋ぎ、ホテルに“お持ち帰り”したという。

 石田が帰京してから、飲み会の“女の子集め役”の男性が高熱を出し、コロナ疑いがかかったことで、一同はパニックに陥ったそうだ。

 石田は同誌の直撃に「テレビを干されているから、ビジネスパートナーとの付き合いが仕事」だと説明。飲み会の女性陣については、次のように悪態をついている。

<ゴルフの後、スポンサーとゴハンを食べていたら、そこにA氏が中洲のクラブのお姉さんたちを連れてきた。自分のいちばん苦手な人たちを。彼女たちが“クラスターの元”だったらしいです。僕も後になって知ったんですが、僕は全然、濃厚接触していないし>

東尾理子とも亀裂、コロナ離婚の懸念

 一連の報道を受けて、妻・東尾理子への批判も激化している。石田は「妻には外出を止められている」と話しており、東尾もInstagramで<仕事であるとはいえ飛行機に乗り都外へ出ようとする主人を説得、止めきれなかった事を深く後悔し、反省しております>と、止めることを試みたと説明している。

 それでも東尾への批判は止まず、今もInstagramのコメント欄は大荒れ状態だ。

 コロナ禍での価値観の違いから、夫婦関係は悪化しているという。7月31日の『直撃LIVE グッディ!』(フジテレビ系)で石田が明かしたところによると、4月の沖縄行を強行した際、東尾からは<(石田の)全部の考え方とか、行動が私には全然合わない>と言われ、離婚の話もちらついたそうだ。話し合いはしたものの、現在も“いい状態”ではないという。

 だが石田は行動を変容させる気はない。先に引用した「週刊女性」では、自身はすでにコロナに感染したことがあるため、再感染の確率は低く安全だと強弁。バッシングによりテレビ関連の仕事を失ったため、スポンサーとなる企業の社長らとはこれまで以上に良好な関係を維持したく、呼ばれればゴルフでも三密飲み会でも行くと宣言している。

<僕は今、テレビを干されているので、ビジネスパートナーには気を遣っているわけ>
<子どもたちのためにも家を守るためにも>
<誰がメシを食わせてくれるんですか。スポンサーさんに誘われたら、ゴルフでも、“3密”と言われている食事会でも、そりゃ行くでしょ。北海道でも、福岡でも。それが僕の結論です。それを叩かれたって大いにけっこう>

 石田としては、そうした行動も妻と三人の子供たちを守るためという理屈があるようだ。ただ今回、若い女性との浮気も同時に報じられている。夫婦の溝は、埋められないかもしれない。

「石田純一と東尾理子がコロナ離婚危機 「三密でも行く」浮気飲み会報道」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。