ジャニーズの根深い「怨み」が…香取慎吾たちが今も「テレビに出られない」事情

文=wezzy編集部
【この記事のキーワード】
香取慎吾たちが今も「テレビには出られない」事情 他のジャニーズとは違う、根深い怨みかの画像1

香取慎吾Instagramより

 香取慎吾がSMAPを解散し、ジャニーズ事務所を退所してから「本当にこんなにテレビ出れないんだなって」と痛感したと発言したことが、話題を呼んでいる。

 それは香取慎吾、稲垣吾郎、草なぎ剛の冠番組『7.2 新しい別の窓』(AbemaTV)8月2日放送回でのことだ。ゲストの中山秀征から「新しい地図になって良かったことと悪かったこと」について質問を投げかけられた香取慎吾は、「SNSを始めたことなどにより主体性をもった芸能活動ができるようになった」と“良い面”を挙げたあと、おもむろにこう発言した。

<3年ぐらい経つんですけど、本当にこんなにテレビ出れないんだなって>

 突然の“ジャニーズタブー”を示唆する香取の言葉に、中山の表情は露骨に凍る。しかし、香取は発言を止めることなく、このように続けた。

<最近、ステイホームとかでいろいろ見るじゃないですか。改めて『あれ? 本当にテレビ出れなくなった』みたいなのはちょっと感じる>

 新しい地図の側から、出演依頼を断っているわけではない。香取は<呼んでいただければ本当に行きたいですし>と語り、オファーそのものがなくなっているのだと明かした。

地上波テレビから姿を消した元SMAPの3人

 ジャニーズ退所後、香取、稲垣、草なぎの3人は徐々にテレビの居場所を失っていった。レギュラー番組は次々と終了。稲垣の『ゴロウ・デラックス』(TBS系)が2019年3月に終了して以降、ジャニーズ時代から出演していた地上波におけるレギュラー番組はすべて消滅した。

 この背景に、3人の番組起用を妨げることを目的とした「ジャニーズ事務所によるテレビ局への圧力」があるのではないかとの疑念は尽きない。2019年7月には公正取引委員会が独占禁止法違反につながるおそれがあるとして、ジャニーズ事務所に注意を行っている。

 ジャニーズ事務所を辞めたタレントであっても、友好的な辞め方であれば、テレビ出演がぱったりとなくなりはしない。

 たとえば、同じ元SMAPの中居正広は2020年3月に退所した後もレギュラー番組を継続し、これまでと変わらずテレビでの司会を続けている。

 また、病気療養のため活動休止した後、2018年9月に退所した今井翼も、今年1月には松竹エンタテインメントに所属してテレビ復帰。NHK大河ドラマ『麒麟がくる』に出演し、8月から放送の連続ドラマ『おじさんはカワイイものがお好き。』(日本テレビ系)にもキャスティングされている。

 しかし新しい地図の3人は、事情が違う。現・ジャニーズ事務所代表取締役会長のメリー喜多川氏、およびメリー氏の娘で現・ジャニーズ事務所代表取締役社長の藤島ジュリー景子氏と対立した飯島三智マネージャーを慕い、ジャニーズ事務所と泥沼の脱退劇を繰り広げたうえ独立したという経緯があるからだ。

1 2

「ジャニーズの根深い「怨み」が…香取慎吾たちが今も「テレビに出られない」事情」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。