うがいはマスクと同じ。大阪・吉村知事「コロナ予防効果があるとは言っていない」

文=wezzy編集部
【この記事のキーワード】
うがいはマスクと同じ。大阪・吉村知事「コロナ予防効果があるとは言っていない」の画像1

GettyImagesより

 大阪府の吉村洋文知事が行った「うがい薬と新型コロナウイルスに関する会見」が、波紋を広げている。

 吉村知事は今月4日、大阪府庁で会見を実施。「大阪はびきの医療センター」が大阪府の宿泊療養施設の軽症療養者41人を対象に、ポビドンヨードを含むうがい薬でのうがいを1日4回実施した結果、唾液中のウイルスが低下するという結果が得られたそうだ。

 吉村知事は<うそみたいな本当の話>として、<うがい薬をつかってうがいをすることによって、コロナの患者さん、コロナがある意味減っていく、コロナの陽性者が減っていく、コロナに効くのではないかという研究が出ました>と説明。

 発熱などの症状のある人や、夜の接待を含む飲食店の従業員に対して、8月20日まで集中的にポビドンヨードうがい薬でのうがいを促した。

 しかし、うがい薬は新型コロナの感染予防に効果があると受け取る人が続出。この会見はお昼のワイドショーでも特集されたことから、あっという間に情報が広まり、全国のドラッグストアではすぐさまうがい薬が品切れ状態になってしまった。

 フリマアプリのメルカリやオークションサイトでもうがい薬が高額転売される事態に発展。メルカリ運営はポビドンヨード等の成分を含むうがい薬は「医薬品」に該当するため、メルカリでの出品は禁じられているとのお知らせをユーザーに配信した。

 吉村知事も買い占めは想定しており会見で注意喚起していたものの、視聴者には通じていない。また、現段階での発表はエビデンス不足であると複数の医療関係者が警鐘を鳴らしている。

エビデンス不足指摘され吉村知事「予防効果があるとはひと言も言っていない」

 厚生労働省は5日、今回の大阪府と大阪はびきの医療センターの研究に対して、<国としてまだ推奨するとかしないとかいう段階ではない。現時点で効果があるというには時期尚早ではないか>との見解を発表。日本医師会の中川俊男会長も<現時点ではエビデンスが不足している>と慎重な意見を述べた。

 その他、Twitter上で医師を名乗る人々らは、うがい薬による頻繁なうがいはかえって口腔内の安定した衛生環境を損なう恐れがあることや、妊婦は使用を控えるように促している。

 こうした反響を受け吉村知事は5日の定例記者会見で、ポビドンヨードを含むうがい薬は新型コロナの感染を予防する効果はなく、感染者の唾液を介しての感染拡大を予防する可能性があるとの研究結果だと釈明した。

 また記者から、4日の会見での知事の発言が誤解を招き、全国でうがい薬の買い占めが発生したのではないかと指摘されると、知事は「予防効果があるとは言っていない」と反論。

<予防効果があるとは、ひと言も言っていない。ぼくが感じたことをしゃべり『それは間違いだ』と言われたら、ぼく自身、言いたいことが言えなくなる>

 しかし、吉村知事の会見が人々に誤解を与え、うがい薬の買い占めに繋がったことは確かだろう。「何も言えなくなる」ではなく、説明のどこがどう不足していたのか振り返るべきではないか。大阪府知事という職責を担う者として、その発言内容が「言いたいことを言う」ばかりで良いはずがない。

 なお、吉村知事は6日の『ひるおび!』(TBS系)に出演。ポビドンヨードを含むうがい薬は、ウイルスの感染拡大を予防するためのものだと改めて説明し、コメンテーターからの「マスクのような認識でよいのか」という問いに頷いていた。

 マスクをつけていても、ウイルスに感染しないという保証はない。だが自分がウイルスに感染している場合、マスクをしていれば周囲に撒き散らすウイルスを減らせる。これと同じことで、すでに市中に無症状の感染者が大勢いるとして、うがいにより口腔内のウイルス数が減少すれば、飛沫感染のリスクを低減できるかもしれない、ということだ。「うがいをすれば自分が感染するのを防げる」という認識は誤りで、「自分が無症状の感染者である可能性」を想定し、拡散させないための一手と考えることが適切だろう。

「うがいはマスクと同じ。大阪・吉村知事「コロナ予防効果があるとは言っていない」」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。