小芝風花の猛プッシュが彷彿させる、武井咲と剛力彩芽の疲弊

文=wezzy編集部
【この記事のキーワード】

 武井咲は12歳だった2006年、第11回全日本国民的美少女コンテストでモデル部門賞とマルチメディア賞をダブル受賞して芸能界入り。しばらく『セブンティーン』(集英社)のモデルとして活動するが、2010年秋の連続ドラマ『GOLD』(フジテレビ系)への出演から一気にテレビ露出が上がる。

 翌2011年1月クールの月9ドラマ『大切なことはすべて君が教えてくれた』(フジテレビ系)で、主演の三浦春馬・戸田恵梨香カップルを振り回す女子高校生を演じた武井。この時期からCM契約も徐々に増えた。

 同年4月にはいきなり連続ドラマ『アスコーマーチ~明日香工業高校物語~』(テレビ朝日系)で初主演。翌2012年のNHK大河ドラマ『平清盛』で常盤御前役に抜擢され、大河と並行して撮影した4月クール連ドラ『Wの悲劇』(テレビ朝日系)で主演、立て続けに7月クールの連ドラ『息もできない夏』(フジテレビ系)主演、10月クール『東京全力少女』(日本テレビ系)もまた主演だった。大河ドラマという長丁場に取り組みながら主演ドラマを3本連続でやったのだ。

 2013年も4月クール『お天気お姉さん』(テレビ朝日系)主演、10月クール『海の上の診療所』(フジテレビ系)出演。2014年は1月クール『戦力外捜査官』(日本テレビ系)主演、7月クール『ゼロの真実~監察医・松本真央~』(テレビ朝日系)主演、10月クール『すべてがFになる』(フジテレビ系)主演。

 2015年は7月クール『エイジハラスメント』(テレビ朝日系)主演のみだったが、2016年1月クール『フラジャイル』(フジテレビ系)ヒロイン、7月クール『せいせいするほど、愛してる』(TBS系)主演、全20話の時代劇『忠臣蔵の恋~四十八人目の忠臣~』(NHK総合)主演。

 2017年は4月クールの『貴族探偵』(フジテレビ系)ヒロイン、7月クール『黒革の手帖』(テレビ朝日系)主演、そして10月クールの『今からあなたを脅迫します』(日本テレビ系)主演……と同時に妊娠3カ月であることがわかり、演出は大幅に変更されたという。

 そもそもこのスケジュールでは、結婚や出産のタイミングはおろか、休暇もろくになかっただろう。現在、武井は育児を優先したがっており、仕事復帰には慎重だという。それも無理はない。また、剛力も現在ではほとんどドラマや映画に出演していない。

1 2 3

「小芝風花の猛プッシュが彷彿させる、武井咲と剛力彩芽の疲弊」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。