宮迫博之のテレビ復帰で「雨上がり決死隊」復活へ? 吉本興業との和解勧める加藤浩次「蛍原さんが社長で…」

文=wezzy編集部
【この記事のキーワード】
宮迫博之のテレビ復帰で「雨上がり決死隊」復活へ? 吉本興業との和解勧める加藤浩次「蛍原さんが社長で…」の画像1

宮迫博之Twitterより

 雨上がり決死隊・宮迫博之のYouTubeチャンネルに、極楽とんぼ・加藤浩次がゲスト出演し、闇営業報道を機に勃発した吉本興業との騒動について二人で“真相”を語った。

 昨年7月、宮迫とロンドンブーツ1号2号の田村亮は所属していた吉本興業に無断で記者会見を開き、岡本昭彦社長から恫喝パワハラを受けたことを告発した。闇営業報道について釈明したかったが、その機会を設けてもらえないのだと涙ながらに訴えたのだ。

 同じく吉本興業の芸人である加藤は、MCを務める『スッキリ』(日本テレビ系)で吉本興業の上層部を激しく批判。「今の社長、会長の体制が続くんだったら、僕は吉本興業を辞める」と宣言し、その進退に注目が集まった。

 だが、加藤は吉本興業の大崎洋会長との面談を重ねたものの、上層部の体制を変えることはできなかった。最終的に加藤は吉本興業と「専属エージェント契約」を結ぶ形で落ち着いている。

 今回の動画で加藤は当時の心境を、「吉本に相当腹が立っていた」と振り返った。当時、本当に辞めるつもりだったそうだ。

加藤浩次「何で嘘をついた?」

 そもそも騒動が拡大した原因のひとつは、闇営業時の金銭授受について宮迫が週刊誌に嘘をついたためだ。加藤から「なぜ週刊誌に金銭を受け取っていないと嘘をついたのか」と問われた宮迫は、発言を意図的に切り取られたと釈明した。

 宮迫いわく、記者から「全員100万円もらっているって本当ですか?」と聞かれ、闇営業に参加した芸人“全員”に100万円が配られたわけではなかったため、「もらっていない」と答えたそうだ。

 また、事務所と喧嘩別れした宮迫に批判的な吉本芸人は少なくないが、加藤は今でも宮迫に好意的だという。

 宮迫は、自身がMCを務めていた『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)と『アメトーーク!』(テレビ朝日系)の放送は今も精神的に辛いため見られないと明かしたのだが、加藤は「相方やゲストの皆さんに申し訳ないからでしょ?」と、宮迫の思いを代弁するかのようにフォロー。

 さらに加藤は、<(吉本にはもう)戻れないと思うな>と吉本興業との話し合いに消極的な宮迫に対し、もう一度会社側と交渉し、相方の蛍原徹と再び一緒に仕事ができるように、エージェント契約を結ぶように促した。

<(嘘をつくことは)人間だったら誰でもあるわけさ。それはやっちゃいけないんだけど、人間だったら怖くて言っちゃうことって誰しもあると思うんだよね。ある種、許容しなきゃいけないことだと僕は思ってて。時間は経ったわけでしょ、これで1年くらい。改めて僕は(吉本と)話してもいい機会だと思う。冷静になってみんなが>

<宮迫さんの気持ち的に吉本に戻るのが嫌だということであれば、「株式会社雨上がり決死隊」というのをつくって、蛍原さんが社長で宮迫さんがそこにエージェントというかたちで、蛍原さんと一緒に仕事ができるようになるというかたちになっても、僕は個人的にはいいと思ってるんですよ>

 宮迫によると、自身はテレビ復帰を目指してYouTubeを頑張っているものの、テレビ局側の言い分としては、吉本興業と宮迫の関係性がはっきりするまで宮迫の起用は“保留”なのだという。

 吉本興業は強大な権力を誇る芸能プロダクションでもあり、テレビ局の忖度があることは明白。とはいえ、加藤がこのように宮迫のチャンネルに登場し、吉本興業との関係を仲介するような動きを見せたことは、吉本側が宮迫への態度を軟化させていることの表れと読める。最終的には宮迫が頭を下げ、折り合いをつけることになるのだろうが、「雨上がり決死隊」の復活に、いきなり現実味が出てきた。

「宮迫博之のテレビ復帰で「雨上がり決死隊」復活へ? 吉本興業との和解勧める加藤浩次「蛍原さんが社長で…」」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。