三浦春馬さんの死に沈黙していた三吉彩花、神木隆之介「整理ができない」

文=wezzy編集部
【この記事のキーワード】

神木隆之介「悔しいなどの言葉では表現できない」

 8月12日には、同じくアミューズ所属の神木隆之介も、三浦さんへの追悼メッセージをTwitterに投稿した。神木は同時期に祖母も亡くしていたといい、<気持ちの整理ができないまま悩んでいた>ため、このタイミングでの発表となったようだ。

<まだうまく言葉に出来る自身はありませんが、春馬くんの事です。
今もただただ悲しいですし、悔しいなどの言葉では表現できない気持ちです。
ただ僕は、これからもこの想いと、そして彼と共に過ごしていきます。
そして絶対に、彼を大好きな僕らの、みんなの気持ちは彼に届いていると思ってます。
ご冥福をお祈りいたします>

 神木は10代の頃から三浦さんや佐藤健らと一緒にアミューズの若手俳優プロジェクト「チーム・ハンサム」として、イベントや雑誌などで共演。2010年に三浦さんが『おしゃれイズム』(日本テレビ系)にゲスト出演した際には、神木が「ものまねが得意」とのタレコミをし、三浦さんは小島よしおのネタ「そんなの関係ねぇ」と、くまのプーさんのものまねを披露する羽目に。三浦さんは<(次に神木に会うときに)本当にシメてやる>と笑うなど、仲の良さがうかがえた。

 昨年12月にも、三浦さんは神木の出演した舞台「キレイ」を観に行ったことをSNSで報告していた。

 神木と三浦さんは同じ事務所というだけでなく、共に子役として芸能界に入り、若くしてスター俳優となっている。役者として、特別に通じる部分もあったのかもしれない。

1 2

「三浦春馬さんの死に沈黙していた三吉彩花、神木隆之介「整理ができない」」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。