明石家さんま、ハロプロアイドルへの度を越したセクハラ 「あなたのが欲しいです」と6回も言わせる

文=wezzy編集部
【この記事のキーワード】
明石家さんま、ハロプロアイドルへの度を越したセクハラ 「あなたのが欲しいです」と6回も言わせるの画像1

吉本興業ホームページより

 明石家さんま、村上ショージ、モーニング娘。らハロー!プロジェクト(以下、ハロプロ)のアイドルがレギュラー出演するラジオ番組『MBSヤングタウン土曜日』(MBSラジオ)でのセクハラが物議をかもしている。

 1992年に放送が始まった明石家さんまの『MBSヤングタウン土曜日』には、99年から代々ハロプロのアイドルがレギュラー出演しており、これまで安倍なつみ、松浦亜弥、後藤真希、石川梨華、藤本美貴、高橋愛、道重さゆみ、鞘師里保、工藤遥らがトーク力を鍛えられてきた。現在は元モーニング娘。の飯窪春菜と、現役のモーニング娘。’20メンバーの横山玲奈が出演している。

 その『MBSヤングタウン土曜日』2020年8月8日放送回で、明石家さんまが意識的に露骨なセクハラをしていると明言したのだった。

 この番組にはハロプロのアイドルに性的な内容を想起させる意味深なセリフをセクシーな演技つきで言わせ、さんまがダメ出しする「ヤン娘。はいやせません!のコーナー」という老舗コーナーがある。

 8日の放送でも飯窪と、横山の代わりに出演した、モーニング娘。’20現役メンバーの加賀楓が、様々なお題をセクシーに読み上げた。

 まず、飯窪に「あなたのが欲しいです」というお題が与えられる。飯窪は彼女なりにセクシーな口調でこのセリフを読み上げるも、さんまは<もっとや。もうちょっと欲しがって>などとダメ出し。合計で6回も「あなたのが欲しいです」と言わせた。

 加賀に与えられたお題は「ダメ、見ないで」。さんまは加賀に対しても<もうちょっとお姉さんになってみよう><もうちょっと恥ずかしがろう>とダメ出し。4回も「ダメ、見ないで」と言わせていた。加賀は目を閉じてセリフを読み上げ、さんまから<なに黙祷してんねん、お前>とツッコミを入れられていたが、<目をつむってなければやってられないと思って>と返していた。それはそうだろう。

 飯窪の二つめのお題は「そんなにされたらおかしくなっちゃう」。これは言い方が上手だったようで、1回だけで解放されていた。

 最後は再び加賀。これがまた一段とひどかった。今度のお題は「まだ出しちゃダメ」。加賀はなんとか一度読み上げるが、さんまは<これは無理あるな〜。その若さではな。楓ちゃんにはいまのは無理やな。分からないやろ、言葉が>と評した。それに対し、完全に引いた声で加賀は<そうですね>と頷くが、もう一度読まされ、さんまは結局<無理か〜。無理やな。分かった。これは4年後を待とう>とコーナーを締めた。

 「この言葉には性的な含みがある」と念押ししながら、意味深なセリフを何度も何度も復唱させる──こういった企画が2020年のいまでも人気コーナーとして放送されていること自体が驚きだが、明石家さんまはセクハラを自覚しながらも、問題だとは思っていないらしい。

1 2

「明石家さんま、ハロプロアイドルへの度を越したセクハラ 「あなたのが欲しいです」と6回も言わせる」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。